昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 究極の徹夜本!

徹夜本研究会
2016/10/22

書物の中の恐怖が現実を侵蝕し、読者の日常を脅かす

『残穢(ざんえ)』 (小野不由美 著)

source : 週刊文春 2016年10月20日号

genre : エンタメ, 読書

 人が変死した家屋や集合住宅などのいわゆる「事故物件」について、不動産業者は次の入居者に告知しなければならないし、そういった物件の情報を提供するサイトも広く知られている。誰しも、自分の住む家で過去におぞましい事件があったと知れば厭な気分になるだろう。小野不由美の第二十六回山本周五郎賞受賞作『残穢(ざんえ)』は、そんな事故物件への忌避感という人間心理を刺激する、史上最恐クラスの怪談小説だ。

 小説家である「私」は、読者の久保さんという女性から、彼女が住むマンションで起きている奇怪な現象について記された手紙を受け取る。「私」は久保さんとともに真相を探りはじめたが、調べれば調べるほど、怪異の連鎖は時空を超えて拡大してゆく。恐怖の因縁は、いつ、どこで始まったのか?

 作中には平山夢明や福澤徹三といった実在のホラー作家が登場するし、「私」は明らかに著者自身がモデルである。ドキュメンタリータッチで描かれているため、作中の出来事はどこまでが事実でどこからが虚構か見分けがつかない。人間や物品が土地から別の土地へと移動するに従って怪異は枝分かれし、曰くのある家に住むだけで人々は陰惨な悲劇に自動的に巻き込まれてゆく。本書の怖さは書物の中に留まってはくれない。現実を侵蝕し、読者の日常を脅かさずにはおかないのだ。

 なお、本書読了後には、福澤徹三の怪談実話集『怖の日常』(角川ホラー文庫)のラスト二話も読んでいただきたい。小野不由美本人も知らない筈の現実の事件と、『残穢』の内容との不可解な類似。現実と虚構はここでまたしても境界を喪失し、怪異は日常を黒々と不吉に染めるのだ。(百)

残穢 (新潮文庫)

小野 不由美(著)

新潮社
2015年7月29日 発売

購入する
はてなブックマークに追加