昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小学校の時には内場勝則さんと結婚したいと思ってた

――徳永さんは大阪出身ですが、どんな「お笑い」で育ちましたか?

徳永 完全に新喜劇育ちです。私が見てた時期は内場勝則さんが出ていて、藤井隆さんが出ていて……。もう、私にとっての2大スターです。内場さんのギャグのマネとか普通にしてました。藤井さんのホットホットも全力でやってて……大好きです。

――内場さんも、藤井さんも『わろてんか』に出演されるんですよね? 

徳永 だから泣いたんです、私。藤井さんに「現場でお二人が話しているのを見ただけで心が震えました」ってお伝えしたら、「じゃあ内場さんと3人で写真撮ろうよ」って引き合わせてくださって。その写真の私、2人に挟まれて半ベソかいてるんですよ、あまりのことに嬉しすぎて。

 

――まさか共演できるとは、と。

徳永 小学校の時には内場さんと結婚したいと思ってたくらいですから、本当に。藤井さんは何と言っても『Matthew’s Best Hit TV』ですね。私の中学で大流行りで、毎週Matthew南が何言ったとかで大盛り上がりして、みんなで杉本彩さんの歌を覚えたり、『CHA-CHA-CHA』踊ったり(笑)。なので、藤井さんに「ほんとに楽しい青春でした。ありがとうございました」ってお伝えしたら、「それはマシューも喜んでると思います」って返してくださって。

――いい話です。

徳永 急いでこのことを中学時代の友達に「本日藤井隆様からこういうお言葉をいただきました。任務完了!」ってLINEで送ったら、みんなから「ありがとう」「ありがとう」って返事が届いて、充実感ありました(笑)。