昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/11/18

「50歳既婚女性、15歳年下の元上司への恋心」燃え殻さんからのアドバイス

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 15才年下の元上司。もう会わないほうがいいの?

 50才既婚女性です。15歳年下の元上司(独身)と仕事の相談と称して定期的にこの半年ほど飲みに行ってましたが、最近本人から彼女が出来たと報告があり、ノロケが入るように。それは仕方ないのですが、正直複雑。彼いわくこれからもこちらから相談があれば会うのは構わないとのことですが、もう会わない方がいいのでしょうか?ちなみに一線は越えてません。(50代・女性・会社員)

A 正直複雑なことがひとつやふたつある方が人生は楽しい

「50代既婚女性、15歳年下の元上司の男への淡い恋心」

 ヤラセの人生相談では絶対に思いつかないリアルで赤裸々な相談をありがとうございます。情報量が多くてまったくうまく答えられる気がしませんが、あなたの「周りの人間には言えないからここに相談しにきたのよ感」がヒシヒシと伝わってきました。“常識的には”なんてつまらないことを言わないように注意しながら自分も考えてみたいと思います。

 ちょくちょく会ってみるでいいじゃないですか。既婚の50代のあなたが仕事の相談と称して定期的に飲む相手がいるなんて、楽しいじゃないですか。相手には今、彼女ができた。チクチクするとは思いますが、そこは大人の女性を演じて聞き流すことを心掛けるのはどーでしょうか?

 正直複雑なことがひとつやふたつある方が人生は楽しいと思いませんか?

 思いませんという場合は苦痛が勝ったと思って引きましょう。ただそんなことが人生にあってもいいじゃない! と思えたら、自分の人生の彩りぐらいの気持ちで続けてみるのも手です。常識的に考えたらアウトなことは分かってますが、みんな言わないですけど、そんな人がいるっていう人多いと思いますよ。嘘をついてでも会いたい相手がいる。それって少し羨ましいです。一線を越えてません! と強調するあなたは一線を越えたい気持ちを持っているのかもしれません。今のあなたがその一線を越えるのはかなりのリスクだと思います。でもリスクが伴うことしか人生は面白くないという事実も知っています。ただ、ここでも大人の女性として安易にその線を越えない人である方が、人生の彩りが増す気がします。その後どうなったか、いつか聞かせてください。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム