昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/11/25

燃え殻さん、買い物依存症が治りません!

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 債務整理したのに、また買い物してしまう……

 いい歳をして、支払いがたくさん残っているのに買い物がやめられません。昔カードで支払いが出来なくなって債務整理をしたのに最近また後払いやケータイの決済で物を買ってしまいます。実家にたまに帰ると父に「何か困った事はないか?」と聞かれ罪悪感に苛まれるのに、また仕事の合間にネット通販を開き、服や靴やカバンを買ってしまいます。届いても箱も開けずにどんどん積み上がるだけなのに。最近では正社員でのお給料では足りず休みの日に単発の派遣の仕事をして何とか凌いでいます。どうしたらマトモな人になれますか?(30代・女性・クリーニング受付)

A あなたの身の丈にまず戻る努力をしましょう

 知り合いにあなたと同じような人がいます。その知り合いは働き者で、話していても楽しい奴で、気が利いて、誰にでも好かれる男です。彼の唯一の欠点は金にルーズということでした。金にルーズ過ぎて借金が常に200万前後ある男です。

 彼の場合は、買い物がストレス発散になっていました。届いても箱も開けずに積み上げてるあなたも買う瞬間に快楽のピークを迎えてるのかもしれません。結果、別の派遣の仕事までする状態は、悪化はするけど、好転はまずしないし、それはそれでどんどんストレスが溜まって、また発散の為に買い物という悪循環に至ってると思われます。このサイクルを断ち切ることがまず重要だと思います。自分が習慣化して惰性で出来てしまうこと、快楽システムが脳に組み込まれてることを断ち切るにはそれなりに心の血を流す覚悟が必要だと思います。

罪悪感を可視化しましょう

 このコーナーに「どうしたらマトモな人になれますか?」とまで言えたあなたなら、次にお父さまに「何か困ったことはないか?」と言われた時に、本当のことを言ってみましょう。今まで言えなかったことまで全部、時系列に言ってみましょう。罪悪感を可視化しましょう。お父さまに30代でガチで怒られ、謝罪しましょう。その時に湧き出てくる感情を忘れないと決めましょう。マトモな人は人それぞれだと思いますが、あなたの身の丈にまず戻る努力をしましょう。

「人は変わらない」とすぐに人は言いますが、「自分ひとりではなかなか変わらない」が僕は正しい言い回しだと思っています。自分ひとりで断ち切るのではなく周りと左右前後を確認してもらいながら、人生を進めていきましょう。そうしていく中で、自分の中のマトモが身に付く気がします。あなたの質問をきっかけに、自分の知り合いにもガッチリ話してみようと思いました。メールありがとうございます。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム