昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻
2017/12/02

燃え殻さんに恋愛相談 「性格が合わないのに好きな人といっしょにいる方法」

燃え殻さんに聞いてみた。

Q 彼の事を好きだと思っているのですが、実は違うのでしょうか

 彼氏の意見に耳を傾けることがどうしてもできません。性格が合わないのは承知の上で交際している彼氏です。いつも仲良くしているのですが、小さな事で相手に苛立ってしまうことが頻繁にあります。彼の事を好きだと思っているのですが、実は違うのでしょうか。性格が合わないのに付き合い続けることは難しいでしょうか。(20代・女性・学生)

A 合わないのに好き。ロマンチックです。

「性格が合わないのは承知の上で交際している彼氏」

 別れなよ! と気が緩むと答えそうな自分がいます。もっと言うと「そういう人と別れたことある!」とこれを読んでる誰かの声が聞こえてきそうなご相談ありがとうございます。それが憧れだろうと、全員がダメだと止めようと、自分ですらダメだと思っていたとしても、止められないものを人は“恋”と呼んだりするんだと個人的には思っています。

 自分にもまったく性格の合わない彼女が前にいました。自分の場合は彼女のすべてに憧れていました。憧れ過ぎて性格が合わないとか、将来はどうするとか考えないようにまでしていました。結果、彼女とは別れてしまいましたが、得るものは正直多かったなぁと今思います。これはまったく別の答えを言う人も一杯いると思いますが、あなたが人に相談する必要がなくなるまでにならないと、恋愛は終わらないと思っています。それが恋愛というものなんじゃないかとも思っています。

 もの凄く性格が合うけど恋愛関係にならない相手っていませんか? 合えばいいってもんじゃないと自分は思います。合わない方がいいのかよ! といえばそうとも言えないけどさ! と答える自分もいます。いいじゃないですか、合わないのに好き。ロマンチックです。ロマンチックと悲劇は隣り合わせですが、それもまた人生してる感じがするじゃないですか。ただ、別れなよ! と気が緩むと答えそうな自分がいることも付け加えておきます。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム