昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載桜庭一樹のシネマ桜吹雪

桜庭 一樹
2017/11/12

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

大人への通過儀礼

 子供のころ、あなたは“It(それ)”をとても恐れていた。でもある日、仲間と力を合わせて“It”をやっつけ、大人になった。そして若い日々を夢中で過ごし、気づけばもう中年だ。

 ゆっくりと穏やかに老いていくあなた。だが、そんなあなたのもとに、ある日“It”は戻ってくるだろう。

“It”とは――子供のころ怖かったアレやコレのこと。たとえば、死の恐怖、圧倒的な孤独、未来が見えないこと……。あぁー、また奴がやってくるのか!!!

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 この作品は、スティーブン・キングの小説『IT』(文春文庫刊)を映画化したものだ。原作では、1957~58年を舞台にした過去編と、1984~85年を舞台にした現在編が交互に描かれている。過去編では少年少女が力を合わせて怪物と戦う。そして現在編では、再び現れた怪物を倒すため、大人になった彼らが町に戻ってくる。

 映画のほうでは過去編のみ描かれている。現在編は製作中の続編で観られるらしい。

 過去編の見どころは、ピエロに赤い風船など、いかにもアメリカンな怪物の出血大サービス! それに、開拓、町の発展、KKKなど、新大陸の土壌が怪物を生んだことがわかるワクワク感もある。キングの作品は“新世界アメリカの民俗学”なんだなぁ。

 さて、この過去編で、主人公たちは通過儀礼的な戦いを終えて大人になるのだが、現在編のほうでは、中年になり、ミッドライフ・クライシス(中年の危機)を迎えている。そのため、再び怪物を倒す(=二度目の通過儀礼)必要に迫られて集まるのだ。

 原作で、オッサンになった元少年たちが、「また(怪物を)やっつけられるよ」「そうとも、ビル」と気弱に励まし合うシーンが、わたしは妙に好きだった。人生のリスタートには気の合う仲間が必要なのだ、と。

 個人的には、映画→原作→映画の続編の順番で嗜むのがお勧めです。続編も楽しみ~。

INFORMATION

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開中
http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

IT〈1〉 (文春文庫)

スティーヴン キング(著),小尾 芙佐(翻訳)

文藝春秋
1994年12月1日 発売

購入する