昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

山本 一郎
2017/11/09

トランプさん自体のアレさ加減と東アジアのどうしようもない状況

 よくやった、日本のセールスマン。安全を守る男。その身をトランプさんとの友好に賭した、立派なリーダーですわ。人柄が尊敬されてないけど。何よりホッとしたのは黒ひげ危機一髪みたいなトランプさんがやってきて、変なことになってへその一つも曲げられないかとハラハラしながら歓迎を取り仕切ったスタッフの皆さんでありましょう。安倍ちゃんがゴルフ場のバンカーでコケたぐらいご愛嬌でしょうよ。そこでつつがなくやり遂げて一流、という点では、安倍晋三総理だけでなく日本側とアメリカ側双方のスタッフの勝利じゃないかと思います。単なる安全保障でのミサイルの撃ち合いだけじゃなく、北朝鮮に拉致された被害者家族との面会も含め、広い意味で日米の連帯が確認できたことは本当に大きいと思うんですよね。お疲れ様でした。

首相官邸HPより

 ところが、アレなトランプさんを迎えた韓国のアレ、米韓晩餐会に元従軍慰安婦の女性を招待したとかで騒ぎになり、その後のインタビューで「(日本は)酷いことをしたと(トランプ大統領に)言った」と韓国大統領が言っててアチャーであります。その前にも韓国からアメリカに対して「日本は非同盟国である」と確認のメッセージも送っており、本来この朝鮮半島問題というのは北朝鮮と韓国の問題が一番大きいのだということを思い出して欲しいんですよね。韓国は元従軍慰安婦でしたが、我が国はピコ太郎であったわけですよ。もうね、トランプ大統領に伝えたいメッセージ自体が日韓でまったく異なることは、ぜひ感じ取っていただきたいと存じます。

 そういうことだから、今回のトランプさん訪問というのはトランプさん自体のアレさ加減が影絵のように東アジアのどうしようもない状況に投影されて、見るものに不安ばかり投げかけるのでありました。

©getty