昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/11/13

池上彰氏が考える「ネットニュース見出しの落とし穴」――波紋が広がった「首相 イバンカ氏基金に57億円」

池上さんに聞いてみた。

Q イヴァンカ氏の女性基金に、なぜ安倍首相は57億円も? 

 トランプ大統領の長女、イヴァンカ・トランプ大統領補佐官が主導して立ち上げた「女性起業家資金イニシアティブ」に対し、安倍首相は5000万ドル(約57億円)を出すことを決めたとニュースで見ました。この金額はアメリカやドイツなどと並び最大拠出額だそうです。こういったお金の拠出は首相の一存で決められるのでしょうか。(50代・女性・主婦)

A どう記事に書くか、配信された記事にどんな見出しをつけるかで、読者に全く異なった印象を与えてしまいます。

 このニュースには私も驚いたのですが、どうも記事を配信した共同通信の記事が誤解を招きやすく、さらにYahoo!ニュースの見出しが不正確だったことから、こういう受け止め方が広がったようです。

  これについては、ニュースのファクトチェックに力を入れている「バズフィード」が、検証し、結果を11月3日付で掲載しています。それによると、共同通信の配信記事は以下のようなものでした。

〈安倍晋三首相は3日午前、海外の女性指導者らを東京に招いて女性政策を議論する国際シンポジウム(女性版ダボス会議)の関連行事に出席した。あいさつでは、トランプ米大統領の長女イバンカ大統領補佐官が設立に関わった、女性起業家を支援する基金への5千万ドル(約57億円)拠出を表明した〉

  この記事を、Yahoo!ニュースは「首相 イバンカ氏基金に57億円」との見出しで掲載しました。

  この見出しだけ見れば、質問者のような疑問が出るのは当然のこと。ところが、日経新聞の記事は以下のようなものでした。

〈首相はイバンカさんが7月の20カ国・地域(G20)首脳会議で女性企業家支援基金の立ち上げに携わったことを紹介。日本政府が5000万ドルの拠出金支援を決めたことにも言及し「日本と世界においてこれからも『女性活躍』の旗を掲げ、強いリーダーシップを発揮していく」と語った〉

  同じ話が随分と違った記事になっています。日経新聞の記事の方が正確だったようです。「バズフィード」は、「これはイヴァンカ氏の個人的な基金ではない。見出しだけを読むとそのようにもとられるが、それは間違いだ」と指摘しています。

イヴァンカ・トランプ氏 ©雑誌協会代表

「バズフィード」の指摘を受けて、私も外務省のウェブサイトを見たら、外務省は今年7月、世界銀行内に設置された「女性起業家資金イニシアティブ」に5000万ドルを拠出する意向を示したことを公表しています。

  つまり安倍首相は、すでに拠出を決め、公表されている基金の設立にイヴァンカ氏が関わっていることを紹介したに過ぎないのですね。
 
  どう記事に書くか、配信された記事にどんな見出しをつけるかで、受ける印象は全く異なったものになってしまいます。ニュースの扱い方は難しいですね。

  5000万ドルは、これから数年かけて少しずつ拠出するようですが、国民の税金が財源ですから、今後、国会の予算案審議で議論すべきものとなります。
 

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム