昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アンケート「結婚したい男」2015 福山、向井、西島去りて……

source : 週刊文春 2015年11月12日号

genre : エンタメ, 芸能, スポーツ

口火を切ったのは西島秀俊(44)だった。〈映画鑑賞にはついてこない〉〈メールの返信がなくてもOK〉など厳しすぎる結婚条件を掲げていたが、昨年末に結婚。続いた向井理(33)は早くもパパに。そしてついには福山雅治(46)も妻帯者に。“新・最後の砦”の栄冠は誰に?

◆ ◆ ◆

 昨年末から男性有名人の怒濤の結婚ラッシュが続いている。小誌はメルマガ会員の女性たちに、独身有名人の中で「結婚したい男」を緊急アンケート。次代の“最後の砦”は誰なのか。周辺取材をもとにした「結婚予測」と合わせ、順に見ていこう。

 栄えある第1位に輝いたのは、実家が京都の老舗酒蔵、国立神戸大卒、身長182センチの“現代の三高男”、佐々木蔵之介(47)だ。

「高学歴、高身長、高収入、家柄、すべてが好印象」(30・会社員)

「蔵元の誠実そうなぼんぼん。毎晩楽しく又はじっくり語り合えるお酒が飲めそう」(59・会社員)

 そんな蔵之介に、夢を託す女性は多い。

「カッコいい男性には独身でいてもらいたいと思ってしまいます。福山が結婚した今、蔵之介が唯一の砦。彼には何とか1人でいてもらいたいです」(73・独身)

 その願いを本人にぶつけると、関西人らしいウィットに富んだコメントが。

「ありがとうございます。驚いております。自身ではたいした趣味もなく、お休みの日もふらりと旅に出るか、朝から酒を飲むかです。ま、お休みに限らず飲んでますが。このように仰っていただけるうちが華。実りの秋、馬肥ゆる秋、ちょっと体に気を付けるようにします。そして、変わらず仕事ものんびりつとめます」

1位佐々木蔵之介 ©志水隆/文藝春秋

 1位に僅差で食らいついたのはなんとTBSアナウンサーの安住紳一郎(42)。

「ルックスといい性格といい完璧! ちょっと大人げない感じを時々見せるのが堪らない(笑)」(36・主婦)

「どんな大女優が相手でも慇懃にならず時には意地悪。そこがおもねらない感じでいい」(49・会社員)

 腹黒さに魅せられる女性が多数だが、それが結婚予測を困難にもしている。

「本当に腹黒なのでプライベートは徹底して秘密主義。ですが元TBSアナウンサーの小島慶子さん曰く『本気で逆玉を狙っている』。

 自宅にある8台のテレビであらゆる番組をチェックする仕事の虫。あの性格についてこられる金持ち女性はなかなか見つからないでしょうね」(TBS関係者)

 ツートップの女っ気のなさとひきかえ「男前なのに飾らない」(38・会社員)「穏やかな雰囲気と甘いマスクにときめく」(42・主婦)と3位にランクインしたのは、今“最も結婚に近い男”竹野内豊(44)だ。

3位・竹野内豊 ©杉山秀樹/文藝春秋

「熱愛報道された倉科カナ(27)との16歳差交際はすこぶる順調。倉科の誕生日である12月23日がXデーかと噂されている。

 そのためか竹野内は異常なほど敏感になっている。マスコミを撒くためにコインパーキングに車を停めて1時間以上出てこなかったり、取材車を逆に追いかけてきたりすることも。ただ現在は映画『シン・ゴジラ』の撮影で多忙。結婚はお預けになる可能性もあります」(芸能ジャーナリスト)