昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載歴史・時代小説の歩き方

大矢 博子
2016/01/16

エドライフ!それは僕たちの軌跡
――江戸のこの仕事、な~んだ?

genre : エンタメ, 読書

 NHKの朝ドラ『あさが来た』の舞台は両替商。現代ではなくなってしまった職業……ではなく、銀行に姿を変えます。AKB48は「会いに行けるアイドル」だけど、江戸時代には水茶屋の看板娘たちが「会いに行けるアイドル」で、グッズ販売もされてました。このように江戸時代と今では呼び名は違うけど同じ仕事、というのがけっこうあるわけで、今回は江戸職業クイズだ!

【問】A群(江戸時代の職業)とB群(現代の職業)で一致するもの・もしくは近いものを選び、その職業が登場する作品をC群から選びなさい。ただしC群では、タイトルに含まれている職業名は伏字にしてあります。

A群

損料屋
献残屋
悉皆(しっかい)屋
口入れ屋
十九文見世
御師(おんし)

B群

100均ショップ
クリーニング店
リサイクルショップ
ツアーコンダクター
レンタルショップ
職業斡旋所

C群

梶よう子『ご破算で願いましては みとや・お瑛仕入れ帖』(新潮社)
西條奈加『◯◯弥五郎 お伊勢参り道中記』(祥伝社文庫)
宇江佐真理『昨日みた夢 ◯◯◯◯おふく』(KADOKAWA)
中島要『しのぶ梅 ◯◯始末暦』(ハルキ文庫)
蜂谷涼『はだか嫁』(文春文庫)
山本一力『◯◯◯喜八郎始末控え』(文春文庫)

【次ページ】生活の知恵が見える損料屋・献残屋・悉皆屋

はてなブックマークに追加