昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

月給3万8000円、手取り0円 “ただ働きアイドル”の悲哀

すでに新編成で再スタートしている(「虹色fanふぁーれStaff」ツイッターより)

 不当な専属契約を結ばされ、ただ働きさせられたとしてアイドルグループを脱退した10代~20代の女性4人が14日、契約の解除や賃金相当額約400万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。

 メンバーが所属していたグループは「虹色fanふぁーれ」。メジャーなアイドルではないものの、2年前の10月にデビューして以降、コンサートやネット配信番組への出演などを精力的に展開していた。司法クラブの記者が解説する。

「訴えられた事務所は、東京都目黒区の『デートピア』。今はメジャーな所属タレントはいませんが、季節もののリミックスアルバムや、メイクを使ったものまねで人気のタレント・ざわちんのCDを出したりしています」

 今回訴えた元メンバーの1人は、中学3年の時にデートピアが主催するオーディションに地方から参加。「安室奈美恵さんのようなソロで歌って踊れる歌手になりたい」との夢を抱き、片道9時間かけて東京に通ったという。オーディションでは、グランプリになれなかったものの「可能性を感じるので、事務所のレッスン生として所属してみないか」と声をかけられ、契約に至った。

 しかし、契約内容は「月給は3万8000円。ただし、レッスン費の3万8000円が差し引かれる」というものだった。それでも原告たちは、アイドルデビューできるという嬉しさと、「売れれば、歩合給は出る」などと言われたことを励みに、2年ほど芸能活動に専念。だが、交通費しか支給されない過酷な状況が続いたといい、耐えきれずに脱退。今回の提訴に至った。

 原告側は、契約には「契約締結から5年は辞められず、契約を解除しても2年間は芸能活動が出来ない」といった内容もあり、契約が終わってからもなお、自由な活動を阻害される内容だったと主張している。

 デートピア側は15日、「当社としては、法律に基づいて適切に契約処理をしている認識です。今後、訴状が届き次第、真摯に対応したいと考えておりますが、まずはお騒がせいたしましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます」などとするコメントを出した。

“夢が追えるならお金なんて……”にも、限度はある。