昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬場も冷え込まず健康を守る建物も人も長生きする家

住宅・住宅設備特集

「冬の一階でもあたたかい家になって、冷え性が改善された気がします」「以前より活動的になりました」――。ヘーベルハウスで高断熱の家を建てた人から、こんな声が寄せられている。

 最新の研究で、住まいの断熱性は高齢期の健康に影響を及ぼすことが明らかになってきた。それを大きく左右するのが、壁や天井といった建物の基本性能である。断熱すればいいというわけでなく、部屋に圧迫感がなく空気が心地良いなど快適性への配慮も欠かせない。

国の示すZEHの高い断熱基準を新築2階建てで全戸達成。より難しい3階建てでも全体の約6割でZEHの断熱基準に対応している
ALCコンクリート・ヘーベル(左)とネオマフォーム(右)の二重構造

 そこで役立つのがドイツから技術導入して開発されたヘーベルハウス独自の建材「ALCコンクリート・へーベル」だ。もともと極寒の地・スウェーデンで生まれたこの建材は内部に無数の気泡を含み、通常のコンクリートの約8倍の断熱性能を持つ。しかも多孔質で調湿機能も備わっている。木と同じように“呼吸”してやさしい空気を生み出す建材なのだ。室内環境を理想的な状態に保つ建材として、住宅やビル、店舗以外にも重要文化財貯蔵寺院や美術館で採用されている。

 このへーベルで壁や天井、床などをくるみ、しかも内側には世界トップクラスの断熱性を誇る高性能断熱材「ネオマフォーム」を一体化しているのが、ヘーベルハウスの家作り。高性能ゆえに一定の厚みで、室内空間を狭めることなく高いレベルの断熱が可能に。だから室内は広々としているのに足元はあたたかく動きやすい。耐用年数は約60年。次世代へ住み継ぐにふさわしい「ロングライフ住宅」の具現である。

奈良の唐招提寺などにも採用されている
INFORMATION

へーベルハウス(旭化成ホームズ)
フリーコール:0120-917-555
カタログ請求・電話受付時間 10:00~17:00(火曜・水曜定休)
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/

PRESENT!

資料請求いただいた方全員に、ヘーベルハウスの高い断熱性能の仕組みがわかる「ロングライフZEHカタログ」と「総合カタログ」のセットをプレゼントします。

 

アンケート&プレゼントページへ