その晩はあまりの衝撃でまったく眠れなかった。

 たしかに、この小屋のデポは半分ぐらいの確率で襲われていると覚悟していた。だが本当に襲われているとは思っていなかった。なんだかんだ言って見つかると心のどこかで思っていた。それだけに実際に襲われた現場を目の当たりにして私は想像以上に動揺していた。

英国隊のデポもやられているんじゃないか。

 天井に開けられたあの暴力的な穴を見たとき、私はそこまでやるかと正直唖然とした。飢えて半狂乱になった白熊がキングコングのように両腕をふりおろして天井をぶち壊したその瞬間の映像が頭のなかでフラッシュした。冷静になって考えると、そこまでやったわけではなかったのかもしれない。別に穴を開けようと思って開けたわけではなく、小屋の周りからドッグフードか何かの臭いが漏れてきているのに気付き、入口に行ったがトンネル状の部分がせまくて身体が入らず、周辺を彷徨ううちに天井のうえに乗りあがって、たまたま朽ちかけて弱い部分があってそこが崩落し、ドスンと床に転げ落ちて、イタタタと思って顔を上げると目の前にお宝があってラッキーといった感じで食い漁ったのかもしれない。その可能性が高い気がしてきた。

 でも、デポを襲った白熊がかなり強い執着心をもって小屋の周囲を徘徊していたことはまちがいなかった。それを思うと急に英国隊のデポが心配になってきたのだ。これまで英国隊のデポに関しては9割以上の確率で大丈夫なはずだと楽観的に考えていた。だが、この小屋デポの惨状を目の当たりにし、私のその楽観的観測は大きく揺らいでいた。9割の確率が6割5分ぐらいに下がった。

 もしかしたらあっちもやられているんじゃないだろうか……。

白熊が人間の行動を見抜いていたとしたら……

 寝袋のなかで私は一晩中、不安を鎮めることができなかった。落ち着いて考えれば英国隊のデポが襲撃されている可能性は低い。あのがっちりしたデポが襲われるわけがない。私が運んだデポには干し肉やラードや牛脂、サラミなど白熊の好きそうな臭いを発する食材がふくまれていたので襲撃されるだけの理由があった。しかし英国隊のデポにはそのようなものはなく、アルミ袋で密封された遠征用のフリーズドライ食品やチョコレートバー系の菓子類など白熊が関心を示さなそうな食品がほとんどで、しかもすべて臭いの漏れない樽に密封されていた。たしかにドッグフードの存在がやや気がかりだが、でもそれだって未開封で野生動物が嫌うといわれる黒いビニール袋に何重にも封がされており、用心深く地面の一番下に埋め込まれていた。周囲も要塞のごとく岩で覆い、ちょっとやそっとでは掘りだせないようにしてあった。何より彼らがデポしたのは2013年夏で、私はその2年後の2015年夏に徒歩でデポ地を訪れその無事を確認していた。つまり2年間は無事だった実績があるのだ。あれから1年半がたっているが、2年間大丈夫だったのだから、その後の1年半だって理屈のうえでは大丈夫なはずである。

 ただひとつだけ懸念があった。2015年に徒歩で訪れたとき、私は、極夜の暗黒でもすぐ場所が分かるようにと赤旗をつけた竹竿をデポの岩石の隙間にさしこんでおいたのだ。当時はこれで完璧だとニンマリしたが、今思うとあれは余計な処置だったかもしれない。もし小屋デポを食い荒した白熊がその赤旗を見たらどう思うだろう。連中はすでに人間の構築物のあるところには旨い食い物が隠されているということを学習しているにちがいない。たとえデポから食い物の臭いが漏れていなくても、遠くから赤旗が目にはいれば、あ、あれは人間の残したものではないかと気づき、それがデポ食料を食い漁ったときの良き思い出と接続されるのではないだろうか。

 いずれにしても明日になれば答えは分かる。十中八九大丈夫なはずだが、もしやられていたら一気に追い込まれることになる。なにしろ食料が足りなくなるのだ。

 私は緊張で眠れないまま朝を迎えた。