昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宮根誠司“隠し子”の母が心中を激白

 週6日生放送の情報番組で司会を務める売れっ子アナウンサーの宮根誠司(54)。彼との間に“隠し子”を生んだA子さんが「週刊文春」の4時間におよぶインタビューに応じた。

 

 A子さんと宮根は2004年6月頃に出会い、ほどなく交際がスタート。06年8月に宮根は現在の妻と再婚を果たしているが、A子さんには結婚の事実を伏せていたという。そして07年6月にA子さんの妊娠が発覚する。

「私は、彼との間に子供ができたことが嬉しかった。彼もさぞかし喜ぶだろうと思い、病院から帰ってすぐに電話しました。ただ彼の返事は想像していたものとは違いました」

 4日後、宮根はA子さんに対し、「実は結婚している」と打ち明けたのだ。

©文藝春秋

 08年2月、難産の末、A子さんは娘を出産。これまでマスコミには一切登場しなかったA子さんだが、今回インタビューに応じた理由を次のように語った。

「私はこの10年間、彼がついた嘘で愛人呼ばわりをされ、冷たい目で見られてきた。それでも彼やその家族の迷惑になると我慢してきた。ただ最近、ある事実を知って彼のことをどうしても許せなくなったのです」

既婚を明かしたときの謝罪メール

「週刊文春」取材班は宮根本人を直撃したが、「事務所を通してください」と繰り返すのみ。事務所からは期日までに回答はなかった。

 11月30日(木)発売の「週刊文春」では、A子さんが許せなかったという「ある事実」を含むインタビューに加え、宮根とA子さんの2ショット写真や、宮根がA子さんに送った謝罪メールなども詳細に報じている。

 また、「週刊文春デジタル」では、A子さんの手帳や宮根から送られた謝罪メールの全容を伝える記事全文と動画を同日朝5時より公開する。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで1本税込108円で読むことができます。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで11月30日より全文公開します。