昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

共同通信デスクが女性社員8人を“盗撮”

“事件”が起きた汐留の共同通信本社

 共同通信の本社に勤務する50代の男性デスクが社内で女性社員を盗撮していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

 共同通信関係者が語る。

「盗撮行為を行っていたのはグラフィックス部のAデスク。11月の後半、ある女性社員がAデスクと会話していると、携帯電話で撮影されたことに気付いた。不審に思った彼女が部内の他の女性社員に相談すると、『私にも心当たりがある』と他にも被害者が出てきました」

 女性社員らは上司に相談。上司や法務部がAデスクを問いただしたところ、盗撮を自供したという。

「会社の事情聴取に対し、Aデスクは『2、3年前から8人の女性に対し、(盗撮行為を)行っていた』と認めたのです。下着などの画像は含まれておらず、着衣の状態で胸や足を撮影し、PCに転送していたそうです」(別の共同通信関係者)

福山正喜社長(社内報より)

 Aデスクは「週刊文春」の取材に対し、「(盗撮行為は)していません。会社には色々と話していますので、そちらに聞いてください」と答えた。

 共同通信総務局は、次のように回答した。

「職場で業務中などの女性職員の画像を撮っていたことが分かりました。職員に不快な思いをさせたことは間違いなく、適切に対処します」

“盗撮事件”の詳細については、11月30日(木)発売の「週刊文春」が報じている。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで1本税込108円で読むことができます。

ATTENTION

このスクープの全貌は以下のチャンネルで11月30日より全文公開します。