昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

学研の『ムー』みたいなことを、学校でやっちゃう

JxJx こうやって僕らに話して終われば、普通の楽しい同級生なんですけど、そこで終わらないのが岡宗秀吾で。学校の廊下に貼る壁新聞に、こういう不思議な話を書いて、メディアとして発信してたんですよ。

JxJxさん

岡宗 友達に言ってるだけじゃないからね。学校の生徒全員に伝えようとしてたから。

JxJx  学研の『ムー』みたいなことを、学校でやっちゃうんです。

ナオヒロック 自前でな。

岡宗 当時、オカルト・ブームだったしね。ユリ・ゲラーが流行って、妹がフォーク曲げたりしてたし、徳川埋蔵金ブームもあって。

 いまだに、会議で3回に1回は「徳川埋蔵金探し」の企画出すよね。

岡宗 俺ね、一番したいのは埋蔵金探しやねん……って、そろそろ第1部終わりなんですが、お2人、どうですか? 最後に「これは言うときたい」ってこと、ないですか?

JxJx  『煩悩ウォーク』、めちゃくちゃ面白かったです。

岡宗 ありがとうございます!

朝立ちや 小便までの 命かな

JxJx 同級生とかそういうのを抜いても、読み物としてめちゃくちゃ面白くて、読んでて、文章がシュウゴの声で再生されてくるんですよ。これってつまり、一番リアルなグルーヴが入ってるってことだなって思うんですよね。岡宗秀吾って人の本当にリアルなノリ、センスが間違いなく120%入った本だなって思って。そこがすごくグッときましたね。

ナオヒロック 僕は小3からお付き合いさせていただいていまして、自分の話で申し訳ないんですけど、小4のときお父さんが亡くなって母子家庭になるんです。それで、シュウゴくんの家庭にすごく優しくしてもらってまして。小5のときに、京都に一泊旅行に連れていってもらったんです。京都のことはあんまり覚えていないんですけど、一つだけすごく覚えてることがあって。朝起きたらシュウゴが「よっちゃん、俺、朝立ちしたわ」って言って、「朝立ちや 小便までの 命かな」って言ったんですよ。それをすっごい覚えてて。大人になって、それは江戸川柳だとわかって。小5の子が江戸川柳を詠んだってことが衝撃でしたね。

JxJx 小学校の頃、オナニーの仕方をクラスの全員に教えてたの、シュウゴです。「本当はこうやってやるんだよ」って(笑)。

岡宗 オナニーに関しては、俺はすごかった。

JxJx シュウゴから発信されて、大人になっていくというのがあった。

ナオヒロック アハハ。でもそこに集約されてるね。

岡宗 そんなところで、第1部終了です(笑)。ありがとうございました!

煩悩ウォーク

岡宗 秀吾(著)

文藝春秋
2017年11月30日 発売

購入する