昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

がん経験者572名アンケート 育児や介護と同じように「時短」「休暇」制度を

仕事編2 働き続けるために必要な企業のサポートとは

 がんを経験された572人の方による「日々の生活」「お金」「仕事」などの項目についてのアンケート。本音ベースで寄せられた皆さんの声から、人には言えない職場や家庭での悩みが浮き彫りになっています(※アンケートはライフネット生命保険株式会社が、特定非営利活動法人キャンサーネットジャパンの協力を得て調査)

◆ ◆ ◆

がん経験前・経験後で生じた年収の変化

・企業サポートが手薄な立場ほど、がん罹患後の年収ダウンが大

企業に導入してほしいサポート制度

・育児、介護のような「時短」「休暇」制度が求められている

「がん治療」と仕事を両立させるために必要だと思う対策は

・通院のための短時間労働、例えば半日有給を使うことが堂々とできるように、周りの理解が広がると働き続けることができるのかなと思います。(30代女性)

・がんサバイバーの採用を増やしてほしい。無理のない人員配置(休めるように)。(30代男性)

・通院や体調面による休みに対する理解。本人のみではなく家族にも。介護休暇と年休のみでは難しい。(30代男性)

・現在放射線治療中で、毎日昼休みに通院していますが、職場の理解なしには続けられません。理解があっても、抗がん剤や放射線治療しながらの生活は身体的・精神的にきついです。がんとわかった時点で休職する人も多いと聞きます。(30代)