昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

部下に厳しい「鬼平」は理想の上司? 時代を先取りしていた池波正太郎のスゴさ

門井慶喜×梶よう子×土橋章宏『蘇える鬼平犯科帳』刊行記念座談会

『鬼平犯科帳』の誕生から50年。その世界を舞台にしたアンソロジー『蘇る鬼平犯科帳』が刊行された。これに短篇を寄せた三人はいずれも熱烈な池波正太郎ファン。『家康、江戸を建てる』の門井慶喜さん、『一朝の夢』の梶よう子さん、『超高速! 参勤交代』の土橋章宏さんが三者三様の鬼平像を語る。

出典:オール讀物2017年12月号

◆◆◆

蘇える鬼平犯科帳 - 池波正太郎と七人の作家(池波正太郎、梶よう子、門井慶喜、土橋章宏 他著)

 私と『鬼平犯科帳』の出会いはテレビドラマでした。小さい頃だったので、平蔵を演じていたのは八代目松本幸四郎さんでいらしたと思います。シイタケを裏返したような陣笠を着て、「火盗改(かとうあらため)である」と入ってくるシーンが、モノクロで暗くて怖かった。その後、ご子息の中村吉右衛門さんの『鬼平』を見てからは彼にぞっこんでした。吉右衛門さん主演の舞台「五年目の客」(1992年・新橋演舞場他)も素晴らしかった。大舞台で「長谷川平蔵である」と言われて、もう大興奮です。

土橋 僕は大学生の頃に初めて小説の『鬼平』を読みました。新聞に、世をはかなんだ男性が『鬼平』を持って穴倉に引きこもったという記事があり、この本に興味を持ったんです。それからは何百回も読み込みました。だから『蘇(よみが)える鬼平犯科帳』のお話をいただいたときは嬉しかったなあ。心情を丸括弧で書いたり、改行のリズムを自分なりに真似したり、池波さんにはもちろん追いつけないですけれど、池波さんへの愛は負けないので、ファン気質を読者の方に感じていただけたら嬉しいです。

町奉行に昇進することなく火付盗賊改のまま51歳で亡くなった平蔵

 私は逆に、自分の鬼平像をどう表現しようかとても悩みました。そこで、森山源五郎という、長谷川平蔵と同じ石高の旗本の視点から書こうと思いました。彼は8歳程年下ですが、出世で遅れを取っていた頃、平蔵への文句を日記に書いています。平蔵は町奉行に昇進することなく、火付盗賊改のまま51歳で亡くなりました。一方、森山は西丸(にしのまる)鑓奉行までつとめてから隠居をした。サラリーマンで例えると定年退職までつとめあげた森山が、20年前に亡くなった平蔵に何を思うか、ということを描いてみようと思ったんです。

門井 依頼をいただいたとき、僕は史実担当だなと直感しました。歴史小説、時代小説と仮に分けると、僕は史実に寄り添う歴史小説の作り手なので、実在した長谷川平蔵の姿を書くのが役目だと、まあ勝手に(笑)。実際に年表も作ったんですが、初めの1行を書き始めたら、ぜんぶ吹っ飛んでしまった。これはもう池波正太郎そのままの文体で書くべき話だとガラッと変わりました。頭で考えていたことを手が裏切ったのです。

 門井さんの「浅草・今戸橋」を拝読したとき、「池波先生復活!」と思いました。

門井 とてもうれしいです。今回、作家人生で初めて自分の持ち味を殺そうと思いました(笑)。改めて自分の書いた作品を読むと、我ながらおかしな感想なのですが、池波作品よりも池波的という部分が目につきますね。模倣犯の心理というか、文体を似せようと力を入れすぎたからでしょうか。

 コピーバンドも、オリジナルより自分たちの方が本物っぽいと思うことがあると聞きますよ。実は私も、文章修行で池波先生の小説を模写したことがあるんです。音楽系の雑誌の記事を『鬼平』調で「新譜が出たのであった」と書いたりもしました(笑)。

この記事の画像