昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

後藤 正治
2017/12/05

祝・永世7冠 羽生善治が若い世代に勝ち続ける思考法(前編)

時代と自分をいかにマッチングさせるか。ロングインタビュー。

source : 文藝春秋 2014年8月号

genre : エンタメ, スポーツ

 史上3人目の中学生棋士として鮮烈デビューを飾り、1996年には25歳で前人未到の7冠制覇。40代に入ってからもタイトルが途切れず、まったく衰えを感じさせない棋士・羽生善治さん。ついには渡辺明竜王からタイトルを奪取して、永世竜王、そして永世7冠の資格を獲得した。

 その強さの秘訣は何なのか。2014年、名人位に返り咲いた直後のインタビューを掲載する(聞き手:ノンフィクション作家・後藤正治)。

出典:「文藝春秋」2014年8月号

1996年、7冠を達成した谷川浩司王将(当時)との王将戦第4局 ©共同通信社

◆◆◆

 羽生善治が4年ぶりに名人位に復位した。棋界の第一人者となってすでに久しい。驚くことではないのかもしれないが、43歳になっての復位は趣深い。名人戦では2年連続して敗退していた森内俊之・前名人にストレート勝ち。かつ4戦ともに斬新でわくわくする1手があって将棋ファンを魅了した。

 羽生が7冠すべてを制覇したのは1996年、25歳のことであった。以降、将棋界のほとんどの記録を塗り替え、名人位は通算8期目となる。歳月を踏みしめ、また新たな世界へと歩を進めているようである。いま名人の視界に映っているものは何か。心境を聞く機会を得た。

――振り返って名人戦の総評はいかがでしょう。

「この4局でも、自分があらかじめ考えていた通りに指せた、という対局は1つもありませんでした。4局ともに、序盤から終盤近くまで局面が均衡してほぼ互角という戦いだったと思います。善悪のはっきりしない、成算がもてない局面のなかで結果的にいい手を選べたのが幸いしました。やはり実戦は生き物であって、予期せざる、やってみないとわからない指し手が多くて、その意味では自分にとっても新鮮で充実した名人戦でした」

――第2局はびっくりしました。序盤から右銀が単独でどんどん前に進んで行く。分銅(銀)のついた鎖を投げて鎌(飛車)で一撃せんという意味から「鎖鎌銀(くさりがまぎん)」と名づけられている戦法です。プロの棋戦ではあまり見かけなくなっていますが。

「これも6年ほど前、森内さんではありませんが、相手に指されたことがありました。アイディアとしては昔からあったけれども筋が悪いといわれた戦法です。あの局面で、基本通りの指し方もできましたが、先手(羽生)の優位性があまり生じない。あまり確信はなかったけれど、良くしようとすれば鎖鎌銀を選ぶしかないのかなぁと思って指した手です。

 何か新しい手を見つけたというよりも、作戦的にそう指すように森内さんに誘導されていったというところもあります。強いられた感もありますが、こう指すことによって一方的にこちらが悪くなることもないだろうとも思っていました」

――森内さんは同世代のライバルであり、対戦成績も拮抗している棋士です。どんな存在といえますか。

「子供のころから指していて、公式戦だけでも120余局に達していますからね(笑)。互いに、どういう指し手で来ようとしているかはもう承知しているわけです。

 森内さんは緻密に作戦を立ててきます。これまで、事前に考えてこられた手順にはまって負かされてしまうケースがよくありました。相手の動きを察知して封じるのがとてもうまいんですよ。相手の動きを洞察するところに強さの原点があるのだと思います。ですから、それをかいくぐっていろんな手を考えていかなくてはいけない。その意味でも、自身の個性を引き出してくれる相手といえますね」

数々の名勝負が繰り広げられた森内との名人戦 ©共同通信社

――いま羽生さんが4冠(名人、棋聖、王位、王座)、森内さんが1冠(竜王)、渡辺明さんが2冠(王将、棋王)と、3人でタイトルを分かち合っています。ひと世代下になる渡辺さんの意味はまた異なりますか。

「渡辺さんは人も将棋も現代風なんですね。現代風というのは、まずはとにかく守りをがっちり固めて負けない形をつくる。ただ最近は、そういうなかでも実践的な試みといいますか、幅を広げた将棋を指されている印象があります」