昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

後藤 正治
2017/12/05

祝・永世7冠 羽生善治が若い世代に勝ち続ける思考法(後編)

時代と自分をいかにマッチングさせるか。ロングインタビュー。

source : 文藝春秋 2014年8月号

genre : エンタメ, スポーツ

前編から続く

 史上3人目の中学生棋士として鮮烈デビューを飾り、1996年には25歳で前人未到の7冠制覇。40代に入ってからもタイトルが途切れず、まったく衰えを感じさせない棋士・羽生善治さん。ついには渡辺明竜王からタイトルを奪取して、永世竜王、そして永世7冠の資格を獲得した。

 その強さの秘訣は何なのか。2014年、名人位に返り咲いた直後のインタビューを掲載する(聞き手:ノンフィクション作家・後藤正治)。

出典:「文藝春秋」2014年8月号

永世7冠をかけて、竜王戦第5局に臨む羽生善治棋聖と渡辺明竜王 ©共同通信社

◆◆◆

――こんな風に解釈してもいいでしょうか。羽生さんが第一人者の地位を揺るぎなきものとされているのは、常に新しいものに挑戦している、未知なるものに好奇心旺盛で踏み込んでいく、自身を甘やかさない。そういう姿勢が、結果として棋士・羽生善治を前進させている、と。

「ああ、はい、そうですね――。どう言ったらいいんでしょうね……。勝手知ったる道を行くことはもちろんできるわけですが、そうではなくて可能性を広げていくほうの道を選んでいきたいという気持はずっとあります。それを選んでうまくいかない場合はもちろんある。ただ、長い目でみると、瞬間的な損得勘定ではない選択が、多分いい方向なのだろうと思っています。

 しかし一方で、そのときどきの最先端のものと自身のマッチングの問題があって、それはかなり大きな問題です。能力はあっても、その時代のものとマッチングしないと力が発揮できないケースがある。それとどう合わせていくのか。合わせ過ぎるとまた自身の個性が死んでしまうので、個性を生かしつつ小さな修正を繰り返しているということになるでしょうか。まあ、あまりこだわりはないほうなので、意外な手や新しい戦法が出てきても受け入れやすいところはあるのかも知れません」

――なるほど。将棋界の定めというのでしょうか、やはり年齢の壁というものがあって、過去、大名人といわれた棋士たちも一様に不振となる時期が到来します。これも棋士の個性と時代とのマッチングの問題なのでしょうか。

「一つには戦術の変化についていけなくなることがあるんですね。将棋の世界ってファッションと似たところがあって、流行がある。年配の人たちにとって、たとえお洒落な人であっても、いまの若い人のファッションが真似できるかといわれたら難しいでしょう。そのあたりから少しずつ遅れを取っていく。

 15年ほど前に、藤井システムという作戦が出てきて、これは過去400年の将棋の歴史の中で1回も考えられたことがない指し方でした。一方で、一手損角換わりという指し方も流行った。こちらは局面としては過去に類似したものがありました。ですから、ゼロからやるか、自分が知っている中から活かすか、どちらかをまず最初に考えることです。

 新しいイノベーションやアイディアといっても9割以上は過去にあったものの組み合わせなどですが、ごく稀に、もともとの大前提をすべて引っくり返すものがある。その時は、自分の経験則がむしろ邪魔になってしまうということなのだと思います」

コンピューター将棋の未来

©文藝春秋

――時代の新潮流ということでしょうか、近年、コンピューター将棋が強くなって、プロ棋士と対戦する電王戦もはじまっています。今春、5人の棋士と対戦しましたが、戦績は棋士側の1勝4敗。将棋ファンの間でも戸惑いが広がっています。

「基本的にテクノロジーの進歩は止まらないものであって、影響を受けていくことは間違いないと思います。かつてはデータ分析として使っていたものが、これから先はコンピューターがこの局面をどう判断するのか、どんな手を思いつくのか、ということを調べる時代にもうなっている。少し前まではハードの力でソフトの弱点を補っている感がありましたが、ソフトそのものの力が随分と向上していますね。

 プログラムの強さ。むしろ将棋を知らない人で強いプログラムを作る方もいます。コンピューターの将棋は基本的にあまり一貫性がないんです。その局面で何がいいかを見る。瞬間瞬間に手を選ぶ。前からの手順の流れや構想のなかでこうするということはない。形という概念がないんです」