昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「大川小津波訴訟」仙台地裁が市と県に14億賠償命令の重み

source : 週刊文春 2016年11月10日号

genre : ニュース, 社会

大川小の被災校舎前で手を合わせる人たち
Photo:Kyodo

 東日本大震災の津波被害で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校。児童23人の遺族が損害賠償を求めた訴訟で仙台地裁は26日、石巻市と宮城県に総額約14億2660万円の支払いを命じた。

「児童と教職員らは地震の後、校庭にとどまり、標高7メートルほどの小さな高台に向かって歩き始めた直後に、8メートルを超える津波に襲われました。児童70人が死亡。4人が行方不明で、教職員も10人が亡くなり、現場で助かったのは児童4人と男性の教務主任1人だけでした」(全国紙社会部記者)

 市側は「大川小周辺は過去数百年間、大津波に襲われたことがなく、市のハザードマップでも津波浸水想定区域の外だった。校舎も避難場所に指定されており、津波襲来は予想できなかった。裏山は倒木や山崩れの危険があり、避難できなかった」と主張。だが判決は、津波襲来を呼びかける市の広報車が校舎前を通った午後3時半、つまり津波襲来の7分前の時点で裏山に避難しなかった点を学校側の「過失」と認定した。

「市教委は震災10カ月後の保護者説明会で、唯一生存した教務主任の手紙を公表しています。その中で教務主任は当時、教頭に『危なくても山へ逃げますか』と進言したと明かした。しかし、倒木や山崩れを危険視する声もあり、進言が受け入れられることはなかった。遺族たちは『先生たちは責任を恐れ、誰も決断できなかったのではないか』と見ています。裁判を起こしたのは、この教務主任にもう一度、法廷で当時の状況を詳しく聞きたいという思いがあったからなんです」(同前)

 だが、病気休職中の教務主任の証人尋問は認められなかった。遺族らは勝訴判決にも「もやもやした思いが残る」と、暗い表情が目立った。

 判決には「厳しすぎる」との声もある。震災当時、宮城県沿岸部の別の小学校に勤務していた男性教諭が言う。

「余震で子供たちが泣き叫ぶ中、保護者らが次々と子供を引き取りに来ました。それぞれの対応に精一杯でした。子供たちの犠牲は痛ましいことですが、あの時、自分が大川小にいたら果たして……」

 亀山紘市長は判決からわずか2日後、控訴する方針を明らかにした。悲劇の検証は仙台高裁で続く見通しだ。