昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

富岡八幡宮刺殺 犯行直前に容疑者が書いた“遺書”を独占入手

 12月7日、東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)含め、3人が日本刀やサバイバルナイフで殺傷された事件。富岡さんの弟で、元宮司の富岡茂永容疑者(56)が犯行直前に書いた“遺書”を「週刊文春」取材班が入手した。

殺害された宮司・長子さん

〈ご関係の皆様〉と題された“遺書”はA4で計8枚。事件後、富岡八幡宮の責任役員や総代の元に郵便で届いているという。

 事件の動機は、宮司継承をめぐるお家騒動にあると見られているが、この“遺書”はお家騒動に対するお詫びから始まり、姉の長子さんなどとの30年におよぶ確執の詳細が綴られている。

遺書の書き出し部分

〈父を補佐し、お家の危機を救った私を騙し、クーデターを画策するなど夢にも思っていなかった〉

 また茂永容疑者は、〈正当な跡継ぎ〉と主張する自身の長男について、〈長子は(略)勤務状況が悪い等の難癖をつけ、自分の秘書のように公私に渡り、自由に使ってきた●●(茂永氏の長男、本文実名)を懲戒解雇にしたのです〉と書いている。

文末には直筆のサイン 

 そして〈①極悪極まりない富岡長子を永久に富岡八幡宮から追放すること ②即刻富岡●●(茂永氏の長男、本文実名)を富岡八幡宮の宮司に迎える事〉などの4項目を、富岡八幡宮の責任役員・総代などに要求している。

 終盤には、今回の凶行を想起させる文言が並ぶ。

〈もし、私の要求が実行されなかった時は、私は死後に於いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊となり、私の要求に意義を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟り続けます〉

 12月14日発売の「週刊文春」では、“遺書”の詳細な内容に加え、富岡一族の骨肉の争い、今年9月に離脱した神社本庁との関係なども詳報する。

※このスクープ全文はYahoo!ニュースで1本税込108円で読むことができます。