昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

お手軽なネット時代に、劇場だけで出会える「美」がある───野村萬斎×麻実れい

狂言と宝塚 名優が明かした「役者の真髄」

ギリシャ悲劇、三島由紀夫……。
役者同士として、また演出家と役者として
過酷な舞台を成功させた2人がたどり着いた役者の本質とは。

出典:オール讀物2017年12月号 (司会・構成:関容子)

◆◆◆

 お2人の共演は蜷川幸雄演出のギリシャ悲劇『オイディプス王』(2002年)で本場のギリシャ公演まで果たされて、強烈な印象でした。その後萬斎さん演出による三島由紀夫の『サド侯爵夫人』(12年)にも、麻実さんがサン・フォン伯爵夫人で好演なさっています。

 萬斎さんは俳優として演出家として、共演前の麻実さんをどうご覧になっていましたか?

萬斎 演出をする人間として言うなら、麻実さんほど重宝な、というか貴重なというか、こんな役者さんは滅多にいないでしょうし、同じ役者としての立場から言うと、ちょっとずるい、と思うくらい恵まれている(笑)。

麻実 そんなことないですよ(笑)。

萬斎さんの考える「役者の理想形」

萬斎 とにかく立っていらっしゃるだけで違うし、声を発しただけで違う。僕の役者の理想形ですね。立ってまずその人が場の空気を変えるくらいのオーラとか、声を聞いたときに、特別に意味がなくても凜とした音として場の色を変える存在としてある、というのが僕は役者の理想形であると思うので、麻実さんはまさしくそれを体現していらっしゃる。

 本当に手も足も長くて、顔の造作もしっかりしていらっしゃるし、声もものすごく強いし。敢えて表面的なことを言いますけど、大概の役者さんは麻実さんのそばへ行くと、かすむって誰しもが思うことですよ。

麻実 いえいえ、思いませんよ。大きいと悪目立ちするんですよ。

萬斎 そんなことないですよ。それは『オイディプス王』でご一緒して、ものすごく感じるところでした。『サド侯爵夫人』のサン・フォン伯爵夫人という非常に難しい役をしていただくのも麻実さん以外にないな、っていう思いでした。

 『オイディプス王』がお2人の初顔合わせですよね。

 ソフォクレス作の『オイディプス王』は、ギリシャ悲劇の最高傑作と言われている。放浪の旅を続けていたコリントスの王子オイディプスは、スフィンクスの謎を解き、前王の妻と結婚して隣国テーバイの王となる。疫病が蔓延する中、アポロンからくだされた神託は「前王ライオスを殺した者を捜し出し、血の穢れを払え」というものだった。やがて忌まわしい過去の真実が表に現れる。

麻実 そうです。最初にお会いしたのがポスター撮りで、その時は2人だけだったんですけど2人とも、かなりアートなメーキャップをされたんです。それがびっくりする程お似合いでとっても美しかった……。目頭にあしらった鳥の羽根が印象的でした。

 そしていよいよ稽古始め。蜷川さんとの顔合せがあったんですけど、とにかく全員が驚いたのは、大体台本を素読み、というのが普通なんです。私たち役者の中にただ1人お狂言の世界から入られた萬斎さんだけが、もう憶えていらしたんですよ、台詞を。それも、鍛え上げた朗々とした声で語り始めたとたん、オイディプス王が君臨してましたね! みんな驚いてしまって、自分たちはまだ何にも用意していないのに、あまりの完成度の高さにちょっと待ってよ、っていう感じでした。

萬斎 いやぁ、そうでしたっけ。

麻実 そうですよ。私の役のイオカステはオイディプス王の妻なんだけど、実はその母でもあった、という大変なお役。しかも前王ライオスを殺したのもオイディプスだった、という、すごい壮大な内容の悲劇を、東京のシアターコクーンで終えて、ギリシャのヘロディス・アッティコスという古代劇場に立たせていただいた、というのが、もう本当に役者冥利に尽きる思い出で、忘れられない公演になりました。