昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

燃え殻さんと考える「SNS社会を生きる方法」

「燃え殻さんに聞いてみた。」詰め合わせ[2017-2018冬]

仕事の日報代わりに始めたツイッターで、現在18万人超のフォロワーを抱える燃え殻さん。自身の経験と重ねた真摯な回答に共感の声が寄せられる「人生相談」のコーナーより、お悩みジャンル別に回答を厳選してご紹介します。本日のテーマは「SNS」。少し気持ちがラクになる活用方法を燃え殻さんがご提案します。

1)燃え殻さんが考えるツイッター「FF外から失礼します」文化

〈質問ダイジェスト〉
 父ががんと診断されました。職場にも迷惑がかかると思い、課長にその旨を報告したところ「死刑宣告されたようなものだからたいへんだね」と言われて傷つきました。もうこの人と仕事したくないです。謝罪を求めるべきか悩みます。(40代・女性・会社員)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 ツイッターでの「FF外から失礼します」文化を例に挙げ、問いつめたときの課長の反応を予想。おそらく「倍ガッカリして疲れる」だけなので、別の対処方法を提案します。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

2)燃え殻さんが考える「SNSの数少ない良いところ」

〈質問ダイジェスト〉
「ぼっちの経営者」をどう思いますか? 小さなお店を一人で経営しており、家庭や子育てを蔑ろにしていると小言を言われながらも生活と仕事、子育てをしています。しかし気づけば仲間がおらず、孤独を感じます。両親も早くに亡くしており相談出来る相手がいません。(40代・女性・個人事業主)

〈燃え殻さんの回答は……〉
「人間そんなに全部は無理ですよ」というのが燃え殻さんの基本スタンス。天涯孤独の知人が日々の不満をどのように晴らしているかを例に挙げ、SNSの数少ない良い一面をご紹介しています。

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

* * *

3)イラッとするツイート、あれ何なんですかね

〈質問ダイジェスト〉
 ウケ狙いをしているツイッターが散見されます。もちろん素直に面白いな、とファボするものも沢山あるのですが、中にはなぜかイライラが止まらないウケ狙いツイートもかなりの数あります。燃え殻さんの考える、笑えるツイートとイラっとするツイートの差について教えてください。(20代・男性)

〈燃え殻さんの回答は……〉
 燃え殻さんの考えでは、ツイッターのウケ狙いには「面白いもの」と「面白いものを模したもの」に分かれ、イラっとするのは後者。素人とプロが混在するSNSでは仕方のないことだとも。ではイライラを回避するには……?

質問と燃え殻さんの回答全文を読む

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

燃え殻さん初小説
ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻(著)

新潮社
2017年6月30日 発売

購入する