昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

火花――読書間奏文 藤崎彩織(SEKAI NO OWARI)

「彩織ちゃん、小説を書いてみなよ」

 バンドのボーカルの深瀬が言った。

 2012年、私たちのバンドSEKAI NO OWARIが初のアルバムをリリースし、全国二十五都市をライブで回っている最中だった。

「小説? どうして?」

「彩織ちゃんは文章を書くのが上手だから」

「でも、私はブログくらいしか書いたことがないし、幾らなんでも小説は……」

 深瀬に言われて、私は言い淀んだ。

 小説を読むのは好きだ。中学生の頃からずっと短い日記をつけているので、文章を書く習慣もある。だから小説を書いてみることに興味があるかと聞かれれば、それは勿論あると答える。

 でも、日記と小説じゃあまりにも違う。

 まず具体的に文字の数が違う。私のつけている日記は、多い日でも千文字くらいのものだ。小説は……一体何万字くらいあるのだろう?

 考えただけで頭がくらくらした。ブログを書くのだって何時間もかかってしまうのに、そんなに長い文章を書くにはどのくらいの時間がかかるのか想像も出来ない。

 そして、小説は日記のようにその日起きたことや感じたことを自分だけに分かるように書けば良いという訳でもない。物語を創作し、情景を描写し、人に伝わるように描かなくてはならない。

 それを、あんな文字数で?

 私は今まで読んだことのある小説の、途方もない文字の量を頭に浮かべながら、やんわりと深瀬の提案を否定した。

「無理だよ」

 すると、深瀬は急に真面目な顔になった。

「やってもいないのに、無理って言うな」

 私は唇を噛んだ。深瀬はいつも、口癖のようにそう言ってきた。

 彼はその挑戦が無謀であればあるほど、みんなが無理だと言えば言うほど、そう言うのだ。

「やってもいないのに、無理っていうな」

 でも、確かにそれは一理あるだろう。

 無理かどうかはやってみてから決めれば良いのかもしれない。やってみて、それでも駄目なら諦めればいいのかもしれない。

 作品を書き上げられる自信はなかったが、私はやってみる、と深瀬の前で小さく頷いた。