昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

北村 純
2018/01/08

「西郷どん」に続け。大河ドラマ誘致の“成否”を分けるポイントは?

 地方の自治体にとって大河ドラマの舞台となることは朗報だ。観光客を呼び込み関連の事業も活性化する。そのため誘致に必死になる……。大河呼び込み合戦を地方自治に詳しい北村純氏が報告する。(出典:文藝春秋オピニオン 2018年の論点100

「西郷どん」に沸く鹿児島県

 第57作目になる大河ドラマ『西郷(せご)どん』(2018年)放送決定のニュースが伝えられると、西郷隆盛のご当地となる鹿児島は喜びに沸いた。「NHK大河ドラマを誘致する会」による官民連携の誘致活動が実ったと地元メディアは伝えている。​

ドラマは1年をかけて放送される。上野の西郷さんは? ©iStock.com

 一口に大河ドラマの誘致といってもその活動内容は様々だ。メディアを賑わすのは、大河ドラマの主人公(歴史人物)と舞台となる地域を提案する誘致活動である。また時代劇に欠かせない城や邸のセットや戦のシーンのためにロケ地・撮影場所などを提供する誘致活動もある。

「NHK広報部によると、『大河に取り上げて』と要望がある歴史人物は30人ほど」(朝日新聞[名古屋]2012年3月26日夕刊)――筆者も文献研究として誘致活動を調べてみたが、人物の数についてほぼNHK広報部・朝日新聞が伝える通りと見ている(ただし活動の推移によって若干の更新はある)。

鹿児島を象徴する桜島は観光客増加となるか ©橋本篤/文藝春秋

 誘致活動で提案される人物は多様だ。明智光秀(京都府福知山市など)、加藤清正(熊本県熊本市・愛知県名古屋市)、徳川光圀(茨城県水戸市)のように時代劇などでおなじみの人物、そして大友宗麟(大分県大分市)、伊能忠敬(千葉県香取市)、ジョン万次郎(高知県土佐清水市)など歴史教科書に登場するような人物ばかりではない。