昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「好きな女子アナ、嫌いな女子アナ」2006~2017 12年間の総合ランキング発表!!

女子アナをランクづけする『好きな女子アナ 嫌いな女子アナ』は「週刊文春」の名物企画である。2006年にスタートしてこれまでに11回を数えた読者投票によるランキングを一挙に掲載し、すべての順位を集計して総合成績をはじきだしてみると、栄冠を獲得したのは意外なあの人だった!

出典:週刊文春エンタ!全国のローソン店舗とローチケHMVにて販売中)

◆ ◆ ◆

「楽しくなければテレビじゃない」

 フジは1981年にこのキャッチコピーを掲げ、「軽チャー」路線で攻めに攻めた。『笑っていいとも!』『オールナイトフジ』など数々のヒットを飛ばし、翌82年から12年連続で視聴率ナンバーワンの座に君臨し続けたのである。

河野景子 ©文藝春秋

 そんな全盛期の88年に入社したのが河野景子(現貴乃花親方夫人)、八木亜希子有賀さつき。“女子アナブーム”の火付け役はこの三人娘といってもいいだろう。そのほかにも中井美穂(現古田敦也夫人)、中村江里子(フランス人実業家夫人)、木佐彩子(現石井一久夫人)、内田恭子(現会社役員夫人)等々。

 美形で、ミス〇〇などのタイトルは当たり前、公私ともにハデで高給取り……、そんな女子アナのイメージを作り上げた。

ベスト10入りが7人から1人へ フジテレビの栄枯盛衰

「週刊文春」が『好きな女子アナランキング』の特集を組み始めたのは2006年のこと。記念すべき最初の年、ベストテン中7人がフジのアナウンサーだ(滝川クリステルは共同テレビ所属だが、フジの『ニュースJAPAN』の顔)。

 ところがどうだろう。

 最新の17年版ではベストテン入りしたフジの女子アナはギリギリ9位の山﨑夕貴たったの一人だ。ああ、テレビ界の栄枯盛衰よ。

 改めて06年のランキングを振り返ってみる。トップ4はすべてフジ。1位の座に輝いたのは高島彩

『めざましテレビ』やトリノオリンピックなど大きな仕事を担当した。「可愛い」に加えて「機転が利く」ところが高評価された。

 2位は『めざましテレビ』担当の中野美奈子

中野美奈子 ©文藝春秋

「アナウンサーとしては二流だが、可愛いし、憎めない」(男・24)

 この頃、寿退社が決まったばかりなのに4位に入ったのは内田恭子

「婚約相手がサラリーマンというところにも、好感が持てます」(女・26)

 5位は小林麻耶。TBSの『チューボーですよ!』『世界・ふしぎ発見!』など人気番組を担当。だが、

「女子アナとなって、汚れていく気がしてならない」(男・41)

 という先を危ぶむ見方もあった。

 2009年、好きなアナ1位の高島彩は嫌いなアナ3位、好きなアナ4位の中野美奈子はなんとワースト1という結果に。中野にはこんな手厳しい意見が。

「『恋におちて』を友達の結婚披露宴で歌ったと言っていた。不倫の歌とは知らなかったなんてアホな事言ってたから」(女・33)

日テレ・西尾とテレ東・大江が躍進!

 10年には大きく躍進した女子アナが2人いる。

 1人は日本テレビで『ズームイン!!SUPER』のメイン司会を務める西尾由佳理が2位に。女性の支持が高く、嫌い票も少ない。

「きめ細かい心配りが朝から気持ちが良い」(女・46)

 11年に退社してからの特筆すべき仕事は「シュミテクト」。歯がキレイで良かった。

 もう一人が、5位に躍り出た大江麻理子

 この年の上位の傾向は、ちゃんと話せて気配りもできて番組を仕切れる「実務系」。アイドル系はそろそろ用済みなのだろうか。

この記事の画像