昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集
地元紙が選ぶ2017年の3大ニュース、2018年の注目ニュース 全国紙だけではわからない!

愛媛新聞社
2017/12/30

愛媛新聞が選んだ2017年の重大ニュース第1位は「えひめ国体開幕 64年ぶり」

©iStock.com

 2017年、日本の各地方ではどんなニュースが報じられたのか。文春オンラインは、地域に密着する報道機関である地元紙にアンケート調査を実施しました。

 それぞれの都道府県で大きく報じられたニュース第1位から3位まで、そして2017年もっとも“○○○”(笑った、泣いた、驚いた……など)ニュース、いまから注目している2018年のニュースをご紹介いただきました。

 愛媛新聞が選んだ、愛媛県のニュースは……。

◆ ◆ ◆

2017年重大ニュース 第1位

「えひめ国体開幕 64年ぶり」(10月1日)

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の総合開会式が9月30日、松山市で行われ、11日間にわたる熱戦が幕を開けた。愛媛での国体開催は四国4県で合同開催した1953年以来64年ぶりで、単独は初めて。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201710013449

2017年重大ニュース 第2位

「獣医学部新設 今治市に絞り込み 内閣府・文科省」(1月5日)

 約50年ぶりの獣医学部新設問題で、内閣府と文部科学省は4日、国家戦略特別区域内で2018年度に1校認めるとする特例措置を告示し、新設地を今治市に絞り込んだ。内閣府は告示に合わせて今治市と広島県でつくる特区内で獣医学部を新設する運営事業者の公募を開始した。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201701051407

2017年重大ニュース 第3位

「今治・親子殺傷 聴取の女性自殺 市内の30代 遺書残し」(5月6日)

 今治市室屋町7丁目の市営住宅で住人の無職女性(92)が胸を刃物で刺されて殺害され、長男(70)が背中を切られて重傷を負った殺人と殺人未遂容疑事件で、愛媛県警特別捜査本部(本部長・中川純市刑事部長)は5日、参考人として4日に任意で事情聴取した市内の30代女性が、5日に死亡しているのを発見したと発表した。遺書があり、捜査本部は自殺と見ている。

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201705057931 (URLは5月5日)

えひめ国体・陸上400メートルリレーでアンカーを務めた滋賀・桐生祥秀(左端)ら ©共同通信社

2017年もっとも“震撼した”ニュース

「松山 逃走車 中心部暴走 容疑男逮捕」(11月14日)

 13日午後、松山市の国道で、乗用車に接触した乗用車が逃走、当て逃げされたとの110番が続く中、松山東署などが追跡して停車を求めたが応じず、市中心部の幹線道路を逆走するなど約50分にわたって暴走した。

https://www.ehime-np.co.jp/special/series/daytime_nightmare (URLは12月3日)

2018年注目のニュース

 加計学園(岡山市)が今治市で2018年4月に岡山理科大獣医学部を開学。同学園理事長の加計孝太郎氏は安倍晋三首相の友人で、野党は国会で「加計ありき」として追及しており、開学の行方を注目している。

地元紙が選ぶ2017年の3大ニュース、2018年の注目ニュース : 記事一覧 その他特集記事