昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集クイズです

「クイズだよ、人生は」 87歳“伝説のクイズ王”村田栄子がクイズを続ける理由

87歳クイズレジェンドにインタビュー#2

『アップダウンクイズ』全問正解優勝をはじめ、数々のクイズ番組で優勝したスーパー主婦クイズプレイヤー、村田栄子さん。87歳のレジェンドだからこそ語れる、深イイ話を伺いました。クイズだよ人生は。(前編から続く)

村田栄子さん

クイズに強いからって、脅迫状来たことありましたよ

―― テレビのクイズ番組で軒並み優勝した「クイズレジェンド」の村田さんですが、今でもクイズ番組はご覧になりますか? 

村田 もちろん。私、テレビは全部録画して見ますから。クイズ番組にはいっぱい、知ってる人が出てくるじゃないですか。会員とか。『東大王』も見ますし、『Qさま!!』なんかも見ますよ。まあ、私もそうだけど、クイズマニアっていうのは変わり者が多いですよね。昔の話ですけど脅迫状はくるわ、いたずら電話はくるわ。

―― 脅迫状なんて来るんですか。

村田 すっごい人がいました。『タイムショック』で5週目に負けたとき、「チャンピオン大会に出てください」ってテレビ局から電話が来たんですよ。「私はチャンピオンではないので」と断ったんですが、結局「それならば、強豪大会とします」ということになった。ところが、私の前に全問正解の女の人がいたんですよ。で、自分が呼ばれないのはどういうことかと恨みを買いましてね。

「タイムショックに出たときの写真じゃないかしら」 村田さん提供

―― 嫉妬ですか。しかし、よく住所がわかりましたね。

村田 当時は戸籍謄本とか自由に見られた時代ですよね。だから私も、何々区の何々荘まで相手の家を突きとめて、激しい手紙の応酬をして。

「ダメです、村田さんは」って、クイズハンターから止められた

―― テレビで目立つと、ご近所からの風当たりみたいなものもありましたでしょう?

村田 近所の人って意外とそっぽ向いてますよ。やっぱり、やっかみってあるでしょう。クイズ番組に出るたびに何十万とかもらっていれば、腹も立ちますよ。

―― 石野さんは、もらった賞品を近所の人におすそ分けしていたとか。

村田 私も賞品はほとんど配りました。コーヒー1年分、アメ玉1年分とかもらってもしかたないですから。

―― 賞品の多さといえば、『100万円クイズハンター』に出られたことは?
 
村田 あの番組は『タイムショック』と同じプロデューサーだったんですよ。で、「ダメです、村田さんは」って向こうから言われました。「この人みんな持っていくぜ」って視聴者に言われるから、出るのやめてくださいって(笑)。

 

この記事の画像