昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集
地元紙が選ぶ2017年の3大ニュース、2018年の注目ニュース 全国紙だけではわからない!

紀伊民報社
2017/12/30

紀伊民報が選んだ2017年の重大ニュース第1位は「南方熊楠生誕150周年」

©iStock.com

 2017年、日本の各地方ではどんなニュースが報じられたのか。文春オンラインは、地域に密着する報道機関である地元紙にアンケート調査を実施しました。

 それぞれの都道府県で大きく報じられたニュース第1位から3位まで、そして2017年もっとも“○○○”(笑った、泣いた、驚いた……など)ニュース、いまから注目している2018年のニュースをご紹介いただきました。

 紀伊民報が選んだ、和歌山県のニュースは……。

◆ ◆ ◆

2017年重大ニュース 第1位

「南方熊楠生誕150周年」(3月20日、5月18日、12月6日)

 世界的な博物学者で後半生を和歌山県田辺市で過ごした南方熊楠(1867~1941)が5月18日に生誕150周年を迎えた。3月には田辺市に隣接する白浜町の南方熊楠記念館が西隣に新館を建設し、リニューアルオープン。田辺市は5月18日、熊楠に名誉市民の称号を贈る報告会を、市内の高山寺にある熊楠の墓所で開いた。

 12月には秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さまが私的な旅行で白浜町を訪れ、南方熊楠記念館を見学された。熊楠が研究した粘菌(変形菌)に興味を示された。 

http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=330800
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=333713&p=more
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=344009

2017年重大ニュース 第2位

「巨大マグロ水揚げ 446キロ、勝浦漁港で過去最大」(3月6日)

 那智勝浦町の勝浦漁港に重さ446キロ、体長282センチのクロマグロが水揚げされた。県漁連勝浦市場によると、1949年の市場開設以降最大。町内の業者が1キロ当たり6150円で落札した。

http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=330129

2017年重大ニュース 第3位

「田辺市の山中に男性遺体、長女夫婦を殺人容疑で逮捕」(1月11日、4月7日)

 1月10日午前11時20分ごろ、田辺市龍神村柳瀬、県道脇の山の斜面で、ブルーシートにくるまれた男性の遺体が見つかった。県警は2月27日、男性(当時50)の長女(23)とその夫(31)を死体遺棄容疑で逮捕、3月19日には殺人容疑で再逮捕した。和歌山地検は4月7日、長女とその夫を殺人と死体遺棄の罪で起訴した。
※逮捕、再逮捕の記事はHPに残していません。

http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=327364
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=331786&p=more

南方熊楠 ©文藝春秋

2017年もっとも“驚いた”ニュース

「紀伊半島が世界5位 訪れるべき『地域』」(11月4日)

 世界最大の3割のシェアがある、オーストラリアの旅行ガイドブック出版社「ロンリープラネット」は、訪れるべき「地域」のランキングの5位に紀伊半島を選んだ。掲載されたのは「ベスト イン トラベル2018」。世界で訪れるべき場所として、同社が「国」や「地域」など4区分で、それぞれ10位までを発表した。今回、4区分で国内が選ばれたのは、紀伊半島が唯一。

http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=342378&p=more

2018年注目のニュース

 ジャイアントパンダ「永明(えいめい)」(25歳)が、15頭目の父親になるか。和歌山県白浜町にある「アドベンチャーワールド」の父パンダ永明は、これまで同施設で雌パンダとの間に14頭の子をもうけている。人間でいうと70歳を超えるが、繁殖雄として期待されている。

地元紙が選ぶ2017年の3大ニュース、2018年の注目ニュース : 記事一覧 その他特集記事