昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

あの伝説の番組が帰ってきた! ビートたけしのオールナイト文春【第1回全文公開】

ビートたけし×高田文夫×亀渕昭信(司会 元ニッポン放送社長)

短期集中連載 第1回 「やり逃げ」で始まった

木曜深夜、若者をラジオの前に釘付けにした伝説の番組があった。数々の名物企画、殺到する弟子志願者、襲撃事件からの復帰……。あの熱狂から27年、レジェンド達が再びスタジオに集結。眠れぬ木曜日がいま甦る!(全3回)

©文藝春秋

◆ ◆ ◆

オールナイトニッポン50周年“勝手に応援”企画

高田 50年を迎えたオールナイトニッポンだけど、はじめは糸居五郎[※1]さんとかのニッポン放送の局アナがやってたんですよね。私も亀さんが出てた土曜の回は聴いてましたよ。

亀渕 僕は1969年から登板でしてね、それ以前は斉藤安弘[※2]さんや今仁哲夫[※3]さんといった先輩がラジオDJとしてやってたんです。

たけし オールナイトが始まる前さ、あんな時間にラジオを聴いてるやつって新聞配達くらいでしょう? オイ、起きろーッて放送でシャンとさせるやつ。

高田 朝が早いからって、他の業種だっているよ! オールナイトって番組は、私らみたいな、エロ本見ながら受験勉強したりしてた〈ながら族〉のハシリが支持したんだよね。たけしさんも聴いてたでしょ?

たけし 高田先生んちは、いい家なんだよ。おいらの家は最近、水洗式になった足立区だし、6畳に6人で雑魚寝だろ? ラジオつけてたら、うるさいってぶん殴られるよ。勉強だって懐中電灯でやれってドヤされちゃうもん。

亀渕 よし! この辺で始めましょう。えーっ、勝手にやります! オールナイトニッポン50周年スペシャル「ビートたけし、高田文夫、亀渕昭信のオールナイト文春」っ!

高田 さすが文春、懐ん中へ飛び込むねえ(笑)。

たけし マヌケなスポンサーが、頼むから名前を入れてくれって言ってるようなもんじゃない(笑)。

亀渕 あー、もう息が切れちゃった。後は文夫ちゃん、お願いしますよ。

たけし あら、亀が浮いてきちゃったよ(笑)。

亀渕 さて、局アナ時代の後、僕ら74年からタレント起用に方針を変えたんです。その流れで中島みゆき[※4]さんや笑福亭鶴光[※5]さんが登場した。で、ついに81年の元旦木曜の深夜1時にたけしさんの放送開始だね。このオールナイトはかつて聴いたことのない番組だったよ。

たけし 単なる北千住の酔っぱらいのクダですよ。