昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

真言宗豊山派・弘法大師ゆかりの寺【五智山遍照院總持寺 西新井大師】<東京・足立区>

ご利益:厄除け・家内安全・無病息災

西新井大師は、826年に弘法大師によって開創。悪疫流行に悩む村人のため、弘法大師が祈祷。お堂西側の枯れ井戸から水が湧き(のちの西新井)病が平癒した。

INFORMATION

●1月1日午前零時から御開扉大護摩修行
●1月1日から2月3日初詣
●1月21日初大師、2月3日だるま供養・節分会
●東武大師線「大師前」駅下車徒歩5分

彫刻の寺・庚申まいり【柴又帝釈天】<東京・葛飾区>

ご利益:厄除・家内安全・商売繁盛・身体健全・交通安全・良縁成就

柴又帝釈天は、人気映画の影響で全国的に有名だが、本来は1629年に題経寺として開基され、日蓮聖人御親刻の帝釈天の板本尊を安置する由緒正しき名刹だ。

INFORMATION

●京成線「柴又」駅下車徒歩3分
●JR総武線「小岩」駅より京成バス金町行き約15分、「柴又帝釈天」下車
●JR常磐線「金町」駅より京成バス小岩行き約5分、「柴又帝釈天」下車

災難を除き、波を乗り切る“工業・商業”の守り神【波除稲荷神社】<東京・中央区>

ご利益:災難、厄除け・商売繁盛・工事安全祈願

波除稲荷神社は、一面が海だった江戸時代初期の築地の埋立工事の際、激しい荒波を鎮め、安全に工事を捗らせたことで有名。まさに災難や厄除けの神様だ。

INFORMATION

●1月1日午前零時から先着1000人に縁起物「干支の守り札」を授与
●東京メトロ日比谷線「築地」駅下車徒歩5分、都営大江戸線「築地市場」駅下車徒歩5分

こころの通う小野照さま【小野照崎(おのてるさき)神社】<東京・台東区>

ご利益:学問・芸能・仕事の神

小野照崎神社は、小野篁(おのたかむら)命が御祭神。平安時代の歌人で“日本の白楽天”と呼ばれた漢詩の天才かつ絵画の大廈。芸能・学問・仕事が御神徳。

INFORMATION

●東京メトロ日比谷線「入谷」駅4番出口より徒歩3分
●JR山手線・京浜東北線「鶯谷」駅南口より徒歩7分

「東京のお伊勢さま」で幸せ祈願【東京大神宮】<東京・千代田区>

ご利益:縁結び・厄除開運・身体健康・家内安全・商売繁昌

東京大神宮は、伊勢神宮の神様のほか、結びの働きを司る神々もあわせ祀り、神前結婚式を創始した神社であることから縁結びのご利益で知られる。

INFORMATION

●JR総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅下車徒歩5分

皇居のそばの天神さまで初詣【江戸三大天神 平河天満宮】<東京・千代田区>

ご利益:合格祈願・就職祈願・恋愛成就

平河天満宮は、1478年に現在の皇居・平河城内に太田道灌が江戸の守護神として創建。菅原道真公が主神であるため初詣は受験や就職祈願の学生で賑わう。

INFORMATION

●東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅下車徒歩2分

次のページ 都心にある名刹いろいろ