昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

江戸総鎮守【神田明神】<東京・千代田区>

ご利益:縁結び・商売繁昌・厄よけ

神田明神は、1300有余年の歴史を誇る古社。歴代将軍から庶民まで崇敬篤く、江戸総鎮守として親しまれてきた。日本三大祭の一つ、「神田祭」でも有名。

INFORMATION

●平成30年度 新年昇殿参拝事前申込受付中
●昇殿参拝(ご祈祷・お祓い)、お守り授与:正月元旦0時~18時、1月2・3日/8時~18時、1月4・5・9日/7時~19時、1月6~8日/8時~18時、1月10~31日/9時~17時、2月1日以降/9時~16時 ※時間変更あり
●厄除大祈願祭:1月20・27日は11時と17時、1月24・31日は17時のみ。2月1日・7日17時~、2月10日11時~及び17時~
●JR、東京メトロ「御茶ノ水」駅、「秋葉原」駅より徒歩5分

平成31年 靖國神社御創立150年【靖國神社】<東京・千代田区>

ご利益:国家安泰・家内安全・厄除祈願・社業繁栄

靖國神社は、明治天皇の思し召しにより明治2年創建。祖国に殉じた神霊を祀る。新年は参拝者に御神酒や甘酒が振る舞われ、奉納芸能や福引きも行われる。

INFORMATION

●JR・東京メトロ「飯田橋」駅または「市ヶ谷」駅下車徒歩10分
●東京メトロ「九段下」駅下車徒歩5分

大正12年鎮座 ━往時を尋ね百年にむけて━【乃木神社】<東京・港区>

ご利益:国家安泰・夫婦和合・家庭円満・厄年祓・学業成就

乃木神社は、明治時代に活躍した乃木希典将軍と静子夫人を祀る。夫妻で祀られていることから、夫婦和合・家庭円満の神様として知られている。

INFORMATION

乃木神社は平成35年に御鎮座100年を迎えます

●東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩1分。東京メトロ日比谷線、都営大江戸線「六本木」駅より徒歩8分。東京メトロ半蔵門線、銀座線、都営大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩8分

眼病平癒、子育てにご利益あり【新井薬師 新井山梅照院】<東京・中野区>

ご利益:眼病平癒・病気平癒・開運厄除・諸願成就

梅照院は、別名「新井薬師」とも呼ばれ、そのご利益から、“眼の薬師”“子育て薬師”と親しまれている。また、厄除けなど御祈祷も受け付けているので参詣されたし。

INFORMATION

●西武新宿線「新井薬師前」駅より徒歩5分

境内7000坪 現存する江戸最大の神社建築【根津神社】<東京・文京区>

ご利益:開運厄除・家内安全・営業繁栄

根津神社は、江戸時代徳川綱吉が建立した総漆塗りの本殿など7棟(重文)が今も残る御神威高い名社。地元では「根津の権現さん」と呼ばれ広く親しまれている。

INFORMATION

●東京メトロ千代田線「根津」駅・「千駄木」駅、東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩5分、都営三田線「白山」駅より徒歩10分

次のページ 東郷平八郎命を祀る神社