昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2017/12/25

池上さん、トランプ大統領による「エルサレム首都宣言」の真意は?

池上さんに聞いてみた。

Q トランプ大統領の「エルサレム首都宣言」、その真意は?

 トランプ大統領は中東のエルサレムをイスラエルの首都と公式に認め、現在テルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移設すると正式表明しました。なぜトランプ大統領はこんな表明をしたのでしょうか。(30代・女性・パート)

A 一言で言えば、次の選挙のためです。

 一言で言えば、次の選挙のためです。トランプ大統領は今、次の大統領選挙の投票に向けて選挙運動をしているのです。

 そのためには、2016年の大統領選挙での公約を果たすことが肝要です。でも、実現できたのは、これまでのところ、TPPからの離脱やパリ協定からの離脱など。ここへきて富裕層向けの大規模な減税が実現する見通しとなりましたが、「オバマケアの撤廃」や「メキシコとの国境の壁建設」などは見通しが立っていません。

 その点、「イスラエルの首都をエルサレムと認定」することは大統領の一存で可能です。

トランプ大統領 ©雑誌協会代表

 アメリカには資金を持ち政治に大きな影響力を持っているユダヤロビーが存在します。彼らは、アメリカの大統領がイスラエル寄りの方針を取るように働きかけています。ユダヤロビーの歓心が得られれば、次の選挙で多額の政治献金が期待できます。

 また、自分の娘のイヴァンカも夫のクシュナーもユダヤ教徒。娘夫婦からイスラエル寄りの政治をするようにとの働きかけもありました。

 自分の決断で、中東和平が遠ざかっても、知ったことではありません。「自分ファースト」なのですから。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム