昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集クイズです

「美しすぎる東大王」鈴木光が初めて語った、麻布高校の男子と過ごした青春時代

クイズ界のニュースヒロイン、初めてのロングインタビュー前編

中学から軽音で、大好きなのは椎名林檎さんです

――国際会議に出る一方で、軽音楽部でバンドもやってたんですよね?

鈴木 軽音は中学からなんです。ギターとボーカルでした。あの頃は『ミュージックステーション』をよく見てました。椎名林檎さんが大好きで、出演するときとかチェックして。

 

――失礼ですが、鈴木さんって何年生まれですか?

鈴木 1998年です。

――椎名林檎がデビューした年ですね。

鈴木 『幸福論』が一番好きな曲です。

――まさにデビュー曲。

鈴木 バンドでコピーする機会が多かったし、あの独特のメロディーラインがすごく好きなんですよ。山崎まさよしさんの『One more time,One more chance』も好きなんですけど、私が好きになる曲って調べてみるとだいたい2000年代初頭の作品。なんか古い音楽が好きなんですよね(笑)。

――いやいや、古くないですよ……18年近く前のことですけど。カラオケとか、今も行くんですか?

鈴木 気晴らしによく行きます! 『夜空ノムコウ』も好きです。