昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松本潤“合コン断ち”は本当か? 井上真央、葵つかさとの二股発覚から1年

「もう女はコリゴリ、と言わんばかりに、最近は“男飲み”ばかりしているそうです」(テレビ局関係者)

 ちょうど1年前、小誌新年特大号のスクープで、井上真央(30)、AV女優の葵つかさ(27)との“二股交際”が発覚した嵐の松本潤(34)。

 報道直後は、鬱憤を晴らすように風呂付きの居酒屋でCAと合コンをしていた(小誌2017年3月30日号)松本だったが、ここにきて遊び人ぶりは鳴りを潜めているという。知人が明かす。

仕事に邁進する男 ©文藝春秋

「元から用心深かったが、立て続けにスキャンダルが出たことで一層警戒心を強め、通っていた飲み屋や遊び場には寄り付かなくなったそうです。『第2の葵つかさになりたい』という艶系のタレントたちからの誘いもあったらしいですが、全部断わったみたいですよ」

 4月、小誌の直撃に対し、重い口調で松本との破局を告白した葵。報道後はジャニーズファンからのバッシングに遭い、体調不良でイベントを中止したり、バラエティ番組の収録を欠席することもあったが、最近はすっかり吹っ切れたようだ。葵が出演するレギュラー番組の関係者が明かす。

「番組スタッフから松潤ネタでイジられても笑顔でかわしている。本人としてはもう終わった話といった様子ですが、事が大きかっただけに、この1年は葵が番組で発言するとジャニーズファンから叩かれることも多々ありました」

葵つかさ ©文藝春秋

 もう1人の当事者、井上はどうか。17年秋から放送された連ドラ「明日の約束」(フジテレビ系)で本格的に女優業を再開。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来、事務所移籍を経ての2年ぶりの主演ドラマだ。

「視聴率は1ケタ台と振るわなかったが、これまでにないシリアスな役柄がハマり、視聴者や業界の評判は上々。久々の連ドラで緊張していたのか、当初は暗い表情も見せていたが、撮影が進むにつれ、よく笑うようになった。若手の演者と差し入れのパンをどっちが多く食べられるか競い合うなど、ドラマの内容とは真逆の、ほのぼのとした現場でした」(ドラマ関係者)

 18年春には主演映画が公開されるという情報もある井上。松本とは破局報道もあったが……。前出の知人が明かす。

「交際歴が長く、熟年夫婦のような関係だった2人だけに、はっきり別れたという話は聞かないが、夏ごろに松本が友人に『(真央とは)終わった』と漏らした、とは聞いた」

ドラマ好演の井上 ©文藝春秋

 二兎を追う者は一兎をも得ず、を痛感したのか、女遊びを改めた松本は、歌謡祭や年末年始の特番の収録をこなしながら、1月にスタートするドラマ「99.9―刑事専門弁護士―SEASONII」(TBS系)の撮影に励むなど、多忙な日々を送っているという。

「松本さんは共演者の香川照之さんから“演出家”と呼ばれるほど、アイデアを出しているそうです。刑事専門の弁護士役のため長台詞も多いが、NGはほとんどない。自分から『こういうセリフを入れたらどうか』と提案するほどの熱の入れようだといいます」(TBS関係者)

 松本の心に再び恋の“嵐”が吹き荒れるのは、もうちょっと先か。