昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

正月に親戚に会わなければならない問題

「年末年始ぐらいはゆっくり」というけれど

2017/12/28

 お前ら知ってましたか。うざいクリスマスシーズンが終わった瞬間から正月モードになるわけなんですよ。10月にハロウィンやって12月にクリスマス終わって今度はお正月かよおめでてーな。我が国の下半期は夏休みから正月まで怒涛のようにイベントが目白押しで大困惑です。なぜいきなりキリスト教的な祭事から純和風な装いに気持ちを切り替えられるんですかね。立て続けですよ。それはそれ、これはこれ、って、ガッツリ夕食平らげた後に「デザートは別腹」と言って腹いっぱい滅多矢鱈に喰ってコロコロ太ったあとで「ほとんど食べてないのになぜか太る」とかほざくOLみたいです。お前が太っているのは食ってるからだよ。それとも何か、光合成でもしているのか。あるいは漂う空気から肺で養分をこしとって食べてるのか。鰯か何かですか。

©iStock.com

「平安京エイリアン」を思い出す初詣

 ムカつくOLの話はどうでもいい。問題は正月なんです。いやね、自宅が神田明神の近くなので、正月になるとここは流れるプールなんじゃないかってぐらいに目の前の道の人通りが多いんですよ。どこから湧いて出てくるんですかね、この人たちは。「平安京エイリアン」で制限時間が過ぎた後で湧いて出るモンスターみたいなものでしょうか。それもこれも安倍政権の政治が悪いせいなのです。最近では大晦日に皇居周辺をジョギングした足でそのまま参拝するのが幸先良いとかいって、いい歳したおじさんがたがランニングウェアから湯気出して迫ってくるのが私たちの怒りスイッチを入れるのです。お前はいいかもしれないけどこっちは臭いんだよ。好き勝手にホカホカしやがって。

©iStock.com