昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「週刊文春デジタル」初月無料キャンペーンを実施します!!

「週刊文春」編集長・新谷学の初顔出しトークも

「週刊文春デジタル」では、「初月無料」キャンペーンを実施します(1月4日~1月31日)。この期間、「週刊文春デジタル」の会員になっていただくと、通常月額864円のところ、初月はなんと無料に! 

 会員の方は、週刊文春の直近5冊分の特集記事が読み放題となります。そのほか誌面では掲載されなかった未公開映像や写真もご覧いただけるなど“特典満載”です。

 また、毎月1度の「文春砲LIVE」では、「週刊文春デジタル」会員限定の有料放送を実施。アイドルや声優、政治のマル秘情報を会員だけにお見せしちゃいます。次回放送は1月13日(土)21:00~です。

 さらに1月27日には、「週刊文春デジタル」初月無料キャンペーンを記念して、会員向けに一夜限りの特別イベント「カンニング竹山が週刊文春編集長を逆スクープ!」を開催。

 今回は「週刊文春」編集長の新谷学が初の顔出し出演。第1部ではベッキーや太川陽介と同じ芸能事務所に所属するカンニング竹山が、新谷にするどく切り込みます。また、第2部では一般から募集した質問にガチンコで応じる「週刊文春編集長が全部答える!」を放送します。

イベントでは、“キレ芸”も炸裂するか? ©文藝春秋

 イベントは文藝春秋西館にて公開生放送を予定しています。当日は「週刊文春デジタル」会員限定で、会場観覧に無料でご招待します(希望者多数の場合は抽選。応募方法は近日中に発表します)。

 1月17日(水)21時からは、編集部への取材にもとづいたドキュメンタリードラマ「直撃せよ!~2016年文春砲の裏側~」も「週刊文春デジタル」にて再放送する予定です。

 このチャンスをぜひお見逃しなく! 


◆ドキュメンタリードラマ「直撃せよ!~2016年文春砲の裏側~」とは?

 ベッキーの禁断愛、舛添前都知事の公用車問題、ショーンKの経歴詐称、甘利元大臣の金銭授受疑惑――。2016年話題になった「週刊文春」のスクープの舞台裏を、株式会社ドワンゴのドキュメンタリースタッフが週刊文春の記者たちに直接取材し、克明に再現することに成功。一つのスクープが誕生するまでの取材者の葛藤や対象者の人間ドラマを描きます。

会員登録はこちらから
【週刊文春デジタル】http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun?bylaw_type=modal

※初月無料キャンペーン注意事項※
本キャンペーンは、本サービス対象のお支払い方法で、初めて週刊文春デジタルに入会した方が2ヵ月間継続入会した場合のみ、初月の月額料金が無料になります。その他本キャンペーンの注意点については、コチラをご覧ください。