昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

瀧澤 信秋
2018/01/06

本当に泊まってよかったホテル&旅館50 2017年1月~4月編

「ホテル評論家」という仕事柄、もっとも多く受ける質問が「1年で何泊したのか?」「どこに泊まったのか?」「どこがよかったのか?」というもの。

 ホテルに宿泊するのはプライベートのケースもある。とはいえ、ステイしている時間は、常にホテル評論家の仕事をしているともいえる。2017年、ザッと振り返ってみると2017年12月24日の時点で261泊であった。

 

 質問への回答として、2017年の1年間で泊まって良かったホテル、印象に残ったホテルをあげたいと思う。好みは人それぞれというが、この仕事をしていると評論とは極めて主観的な行為であると感じる。これまでの国内約2000ホテルの宿泊体験をもとに自身のフィルターで咀嚼してはいるが、ホテルの印象はその日置かれた状況、天候によっても変わる。そのためここに列挙した施設は、私自身がその日その時に感じた印象でのセレクトであることをお許し頂きたい。いずれにせよホテル選びの一助にでもなればこの上ない喜びである。

1月~4月編」、「5月~8月」、「9月~12月編」と3回に分けて紹介した施設は、ラグジュアリーホテルからビジネスホテル、レジャーホテル、旅館など様々だ。なお、ホテル名の変更は反映したものの、記載されている情報・写真などは宿泊日時点のものである。また、同日に2ホテル列挙されているものは、同じ日に2ホテルへチェックインし利用したものである。では1月から始めてみよう。