昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「カフェでリラックス」が苦手な人のためのリラックス法とは?

ほしよりこさんに聞いてみた。

2018/01/10

Q 「カフェでリラックス」、自分には無理です

 リラックスが苦手です。よく休日は温泉行ってリラックスしますとか、日曜はカフェでリラックスしますとか言う人がいますが、自分には無理です。何もしてないとすぐ飽きてしまい、イライラしてきます。そんな自分にあったリラックス法ってあるのでしょうか?ほしさんはどんな方法でリラックスしていますか?(30代・男性・会社員)

A 私もあなたと同じです。何もしていないとすぐ飽きる

 リラックスってよく使う言葉なのですが、そもそも「リラックスする」ってどういうことだったかなと思って言葉を調べてみると「くつろぐこと。ゆったりした気分になること。」とあります。それもなんとなくわかっているようでちょっとわかりにくい状況ですね。なにをもってしてくつろいでいるといえるのか。私の場合もあなたと同じで、何もしていないとすぐ飽きるし、静かな空間でじっとしていると、心の中はかえっておしゃべりになります。元々、妄想癖があるのですが、そのような状況では妄想が拡大してちょっと疲れたりすることもあります。なんとなくイメージされるような「リラックス」の状態とは、温泉やカフェやリラクゼーションミュージック(自然の音、川のせせらぎや鳥の声などの)などかと想像しますが、それが万人に心地が良いのではないのですね。

 私が「心地がいいな」とか「ほぐれたかもしれない」と思う時は、何かに夢中になった瞬間か、それの後の気分かなと思われます。夢中になって身体を動かしているときや、時を忘れて本や映画の内容に入り込んでいるとき、自分の心の声は却って聞こえず、それらが終わった後に訪れるなんだかちょっと放心したときでしょうか。それは人によってそれぞれだと思うので、あなたはあなたが夢中になる瞬間をとことん楽しめば良いと思います。

「静寂の中で心を落ち着かせる」というようなことはかえってなかなか鍛錬が必要だと思いますよ。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム