昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

笑えて泣ける移民グマの奮闘 映画「パディントン2」を採点!――シネマチャート

〈あらすじ〉

ブラウン家の一員として幸せに暮らすパディントン(声:ベン・ウィショー)は、骨董品店で見つけた世界に1冊しかない「飛び出す絵本」を、育ての親のルーシーおばさんへの100歳の誕生日プレゼントにしようと決意する。その絵本に隠された秘密を知る何者かが、絵本を盗む現場に居合わせたパディントンは、運悪く逮捕されて有罪になってしまう。刑務所で囚人たちと友情を育み、楽しい毎日を過ごすものの、ブラウン家の人々に忘れられる不安に襲われて、パディントンは仲間と脱獄を計画する。その頃ブラウン家の人々は、パディントンの汚名を晴らすために、落ち目の俳優ブキャナン(ヒュー・グラント)が絵本を盗んだ証拠を探っていた。

〈解説〉

ペルーのジャングルからロンドンにやってきた熊が主人公のハートウォーミング・コメディ。監督と脚本はシリーズ前作『パディントン』のポール・キング。104分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆笑わせ方もドタバタぶりも程がいい。パディントンの微妙な表情の愛らしさ! 元・二枚目のH・グラントの喜劇演技も結構。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆皮肉や冷笑抜きでシャープに仕上げる腕は『スチュアート・リトル』に匹敵。脇役も巧い。口にマーマレードの味が広がる。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆H・グラントがお茶目に悪役を演じて、パディントンの善良さがより可愛く切なく感じられた。家族の愛と友情が一杯。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆移民グマの奮闘を描く大好きなシリーズ。社会派要素の強かった前作を継ぎ、より平明さを目指したバランスの良い出来。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆移動遊園地や飛び出す絵本に目がキラリ。移民・パディントンと英国家族のバディ物語にほろり。弾けた悪役も楽しい。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
INFORMATION

「パディントン2」(英、仏)
1月19日(金)より、全国公開
監督・脚本:ポール・キング
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス ほか
http://paddington-movie.jp/