昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載中野京子の名画が語る西洋史

中野京子の名画が語る西洋史――白蛇のごとく

2018/01/24
「グランド・オダリスク」1814年、油彩、91×162cm ルーブル美術館 ©ユニフォトプレス

「オダリスク」とは、ハーレム(オスマン帝国王室の後宮)にいる女奴隷ないし寵姫を指す。十九世紀ヨーロッパで東洋趣味が席巻した際、オダリスクは非常に好まれた主題だった。本作に「グランド(壮大な)」が冠された理由は、それら数多く描かれた絵画群の頂点と見做されたゆえだ。

 アングルは、ナポレオンの肖像で有名なダヴィッドの弟子だったが、長くイタリアで暮らすうち、男性的で硬質な歴史画より優雅な女性美を描く方が自分に向いていると気づく。正しい選択だった。彼の作品はどれも、緻密な写実性と甘やかな女性の裸身の対比が、すばらしい効果を上げている。本作はそのお手本。

 背景の薄闇、ブルーのカーテン、枕やベッドマットの青灰色、白いシーツ、高価な宝飾品などが醸し出す冷ややかな印象を、縞模様のターバン、茶色いムートン、孔雀の羽でできた扇、そして血のかよった女体の温もりが和らげる。

 こちらへ視線を向けたオダリスクは、まだあどけなさの残る顔だ。表情は読めない(そもそもアングルは登場人物の感情に関心がなかった)。まろやかな乳房、なだらかな丘の稜線を彷彿とさせる腕や腰。白い足裏は未だかつて歩いたことなどないかのようだ。

 香炉から立ちのぼる白煙や布の襞など、小道具の全てが本物と見紛う完璧な再現性なので、彼女の肉体の奇妙さに気づくのが遅れる。

 奇妙というか、いささか薄気味悪いというか……。

 そう、一見、非のないこの美しい裸身は、胴体と腕が尋常ならざる長さなのだ。近年の研究によれば、背中の椎骨が五つも多いらしい。

 だがアングルは確信犯だった。同作のデッサンが残っており、そこに描かれている人体構造は正確そのもの。完成作で故意に均衡を破ったのだ。その効果は目覚ましく、女体は鱗のない白蛇のごとき妖しさと艶めかしさを獲得し、今にも這いだしそうな異様な迫力で見る者を金縛りにする。

■香りとエロス
紅茶に浸したマドレーヌの香りが過去を鮮やかに蘇らせたように(プルースト『失われた時を求めて』)、嗅覚は大脳辺縁系と結びつき、本能や感情に直接作用するのだという。香水とエロスの密接さはそこからきているし、妖しい場所――たとえばこのハーレムの一室――に香炉が置かれるのも必然だ。裸身に芳香をまとった美女は、猫にとってのマタタビ同様、男たちの胸を狂おしく掻き乱すのだろう。

ドミニク・アングル Dominique Ingres
1780~1867
フランスの古典的伝統派の巨匠として、後世に大きな影響を与えた。

中野京子 Kyoko Nakano
作家・独文学者。「怖い絵展」特別監修者。最新刊は「イギリス王家 12の物語」。

名画で読み解く イギリス王家12の物語 (光文社新書)

中野 京子(著)

光文社
2017年10月17日 発売

購入する

怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

中野 京子(著)

角川書店(角川グループパブリッシング)
2011年7月23日 発売

購入する

中野京子と読み解く 運命の絵

中野 京子(著)

文藝春秋
2017年3月10日 発売

購入する