昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カトウカジカ
2018/01/12

「わたしは貧困カープ女子」 チームが強くなるほど増える“夜の出勤”

文春野球コラム ウィンターリーグ2017

「わたしは本当に“広島東洋カープ”が好きなのだろうか……」

 2017年10月24日クライマックスシリーズ、対DeNA戦5回表、2アウト1塁。バッターは日本代表4番・筒香嘉智。マウンドには2013年のドラフト1位大瀬良、1年目の活躍、2年目からの苦悩、そして今年の復活――。我が子のように愛しき将来のエース候補だ。

 その初球。

 センターの頭上を越える打球を目で追いながら、彼女は思った。

「 “入れ”と……」

私の運命を変えた背番号22

 内藤美穂さん(仮名・37歳)、昼は都内で事務職として働き、アフター5は広島カープを熱心に応援する既婚女性だ。出身は神奈川県横浜市戸塚区で、広島には縁もゆかりもない。発端は11年前、虎党の旦那の付き添いだった。

「球場観戦中も関係のない小説を読む、ただの付き添いでした。一冊読み終えて暇を持て余し、何気なく手に取ったプロ野球選手名鑑が私の運命を変えました。背番号22・高橋建さん。同じ戸塚出身、ちょっとハンサムだな……そんな些細な始まりでした」

 現在のカープの快進撃をOBの小早川毅彦は「ブラウン監督が荒地を整備し、野村監督が種を蒔き、そして今年の緒方監督が花を咲かせた」とNHKの中継で例えたが、内藤さんは万年Bクラスから駆け上がる“第二次黄金期”の愉しさを味わったのだから、ハマるのも納得できる。

「最初は監督がホームベース投げてて、面白いな~ぐらいの感じでした(苦笑)。でも、日に日に強くなっていくチームに目が離せなくなっていきました。広島市民球場・スタジアム広島までの遠征観戦も増えはじめ、09年緒方の引退試合、13年前田の引退試合のチケットはヤフーオークションで大枚叩いても購入しました(笑)。最近ではカープがドラフト1位指名した野間峻祥、福井優也などの大学引退試合や、ウエスタン・リーグも観に行ってます」

観戦チケットにいくら注ぎ込んだのだろう ©カトウカジカ

 もはや“本格派”のカープ女子だ。しかし、カープに対する情熱が高まると同時に、もう一つ積み重なったものがある。

 それは、借金だ――。

「子どもいない夫婦だから無計画で……。新幹線代・ホテル代をリボ払いし、月10万円以上の返済はザラ。どうにか冬のボーナスで帳消しにしていました。でも、カープが強くなるほど見逃せない試合が増えてくる。渋々ながら週2回程度“熟女キャバクラ”で働き始めたんです……」