昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上 彰
2018/01/15

池上さん、次の元号は誰が決めるんですか?

池上さんに聞いてみた。

Q 平成も残り1年ちょっと。次の元号は誰が決めるんですか?

 平成は30年目を迎え、残り1年ちょっとです。「今年中には新しい元号が決まる見通し」と新聞で読みました。次の元号は、どんなプロセスを経て、最終的に誰が決めるんですか?(10代・女性・学生)

A 「元号選定手続きについて」という文書によって規定されています。

「平成」の元号が決められた前回に倣うと、基本的には政府が密かに何人かの学者に案を提出してもらい、有識者による「元号に関する懇談会」で提案。ここで支持された案が内閣の全閣僚会議で決定するということになりそうです。

記者会見で『平成』を発表した故・小渕恵三氏 ©文藝春秋

 元号に関しては、「元号選定手続きについて」という文書によって規定されています。

ア 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。

イ 漢字2字であること。

ウ 書きやすいこと。

エ これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと。

オ 俗用されているものでないこと。

 以上の条件を満たしていなければなりません。

 また、いろいろな文書に元号のアルファベットの頭文字が略号として使われています。明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHというように。このために、この4文字以外のアルファベットを頭文字にした元号になるでしょう。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム