昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2016/10/19

戦わずして勝つ方法とは

『強くしなやかなこころを育てる! こども孫子の兵法』 (齋藤孝 監修)

source : 週刊文春 2016年10月13日号

genre : エンタメ, 読書

古典ブームの中でも、ビジネスパーソンからの注目度が高い『孫子』。そこから「勝つためのヒント」といったテーマに沿って24の言葉を選び、子供向けに“超訳”した本が話題だ。

 たとえば、直訳で〈戦いとは騙し合いである〉となる〈兵とは詭道なり〉という言葉は、〈正々堂々はとてもたいせつ。でも、ときにはかけひきも必要だよ〉と“超訳”されている。

「『兵法』という言葉から『戦いの書』のような印象を受けますが、実は孫子の兵法は、できるだけ戦わず、上手くバランスを取りながら生き抜いていくという考え方がベースにあります。ただ子供向けに分かりやすくするだけではなく、そうしたベースとなる発想をしっかり伝えられるような“超訳”にしたいという気持ちがありました」(担当編集者の高野総太さん)

 監修はビジネス書の人気著者であり、児童書でも定評のある齋藤孝さん。「こども」と銘打ってはいるが、親子で楽しめる内容を目指して作られ、そして事実、幅広い層に支持されている。

「40代、50代の男性書店員さんの反応がとくによくて、好調な売れ行きはそうした方々のプッシュにも支えられました。おかげさまで、今は大人の読者も多いですね」(高野さん)

 10月下旬には第2弾『逆境に負けない力をつける! こども菜根譚(さいこんたん)』も刊行予定。新たな古典の入り口として、親子ともども要注目のシリーズになりそうだ。

強くしなやかなこころを育てる! こども孫子の兵法

(著)

日本図書センター
2016年3月17日 発売

購入する

2016年3月発売。初版2万部。現在四刷7万5000部