昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

前田 久
2018/01/31

トランプのおかげでアーレントの名著「全体主義の起源」を読む人が増えている

『100分de名著 ハンナ・アーレント 全体主義の起原』(仲正昌樹 著)――ベストセラー解剖

『100分de名著 ハンナ・アーレント全体主義の起原』(仲正昌樹 著)

 NHK Eテレの人気教養番組「100分de名著」(月曜午後10:25〜10:50)。同番組で、ドイツ系ユダヤ人としてナチス・ドイツの残虐性の根源を生涯追究し続けた政治哲学者ハンナ・アーレントの主著を取り上げた回のテキストが異例のスピードで増刷を決めた。

「『全体主義の起原』がトランプ政権の誕生などを受け全米でふたたびベストセラーになっていることに注目し、企画がスタートしました」(番組プロデューサーの秋満吉彦さん)

「原著は長大で、読み通すのは大変。理解するにも世界史を始め、さまざまな前提知識が必要です。そこで、手頃な入門書としてこのテキストをお買い求めになった方が多いようですね。編集する際にも、脚注や図版をシリーズの別のものと比べて多く入れ、情報量と読みやすさの両立を心がけました。本書を読むだけで、ある程度は『全体主義の起原』の内容がつかめるはずです」(担当編集者の本多俊介さん)

 シリーズの主な読者は50代、60代の男性。しかし本書に関しては、向学心に燃える20代、30代の若い読者からの反響も大きい。また、アーレントが女性であることも影響してか、女性読者の割合も高い。そもそも名著に対する需要の高まりが、本書や番組人気の背景には感じられる。

「切実な問題は直接悩むより、名著という現実から一見遠く感じられるものを介した方が考えやすいのかもしれませんね」(本多さん)

2017年8月発売。累計6万部