昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

創建400年 築地本願寺が提案する新しい「お墓の姿」

築地本願寺 宗務長 安永雄玄(やすなが・ゆうげん)
浄土真宗本願寺派築地本願寺代表役員・宗務長。慶應義塾大学卒、ケンブリッジ大学大学院修了。三和銀行(現三菱東京UFJ 銀行)、外資系コンサルティング会社を経て、経営コンサルティング会社島本パートナーズの代表取締役社長を務める。2015 年より宗務長に就任し、「“寺と”プロジェクト」を推進している。
築地本願寺 宗務長 安永雄玄(やすなが・ゆうげん)
浄土真宗本願寺派築地本願寺代表役員・宗務長。慶應義塾大学卒、ケンブリッジ大学大学院修了。三和銀行(現三菱東京UFJ 銀行)、外資系コンサルティング会社を経て、経営コンサルティング会社島本パートナーズの代表取締役社長を務める。2015 年より宗務長に就任し、「“寺と”プロジェクト」を推進している。

「子どもの誕生や名付け、教育や結婚……お寺は、人生のあらゆる節目に寄り添う存在でした。しかし現在は残念ながら、多くの方が『用事がないのにお寺に入るのはためらわれる』と感じてしまっている。ならば私たち自身が、積極的に外に出て、ご縁を結びに行こう。築地本願寺のリニューアル事業『“寺と”プロジェクト』の原点はここにあります」。築地本願寺宗務長の安永雄玄氏はこう話す。

築地本願寺の直接管理 都市のお墓参りのカタチ

 多岐にわたるプロジェクトの中でも、とりわけ注目を集めているのは、境内に新設された合同墓。一カ月で約300件の申込があったというから驚く。一体どのような墓所なのか。

 従来のお墓が「家単位」であるのに対して、築地本願寺の合同墓は生前の申込を前提として「個人単位」で入る仕組みとなっている。それゆえに、家ごとの墓石はない。墓参りでは、半月状の天窓を備えた礼拝堂を訪ねることになる。白色を基調にした小さな礼拝堂の中で阿弥陀如来像に向き合うと、自然と背筋が伸びる心地になる。

「礼拝堂では毎日僧侶が読経します」と安永氏。お墓の管理に悩む人にとって、この先も築地本願寺の直接管理が確約されていることは心丈夫に違いない。ただでさえ核家族化や少子高齢化が進み、お墓の管理は深刻になっている。

「都市に生活の拠点を置いた方は、遠方のお墓を継ぐことが困難ですし、都市では土地の問題でお墓を求めにくい状態です。また子どもが減って自分を最後に墓を継ぐ人がいないといったお悩みも多く寄せられています。そうした状況を反映してか、今回合同墓を申込んだ方の約七割は生前申込で、家族にお墓の管理の面倒をかけずにすむといった安堵の声が実に多い。それもまた、現代の人の自然な言葉だと思います」と安永氏は語る。

お墓の申込をきっかけに人生に寄り添っていく

 需要の背景にあるのは、家族観の変化と、それに伴うお寺との関わりの希薄化である。

「従来、お寺と家は寺檀制度で結ばれてきました。しかし地方から都市へと人々が移り住んでいく過程で、寺檀制度は雲散霧消してしまった。もはや、檀那寺の宗派がわからない人は珍しくありません」

 ただしその一方で「宗教的な救いを求める声がなくなったわけではない」と安永氏はみる。

「お寺や家というくびきがなくなったからこそ、いのちの拠り所を求める声はむしろ高まっています。死を見つめ、孤独や不安を埋めたいというのは人間の根源的な欲望です。そこに寄り添うお寺の役割は変わりません。だからこそ、現代にあわせたお寺と個人とのまったく新しいご縁を設計し、やり方を模索していきたい。それがプロジェクトにかける思いです」

 また合同墓は会員制で葬儀や遺言作成などの現実的な悩みにも応え、専門家などを紹介するサービス「人生サポート」を提供。さらに境内にはカフェや、書店、ショップなどを併設したインフォメーションセンターを設置しており、情報発信にも取り組んでいる。

「人生サポートなどのサービスは小規模に始めたばかりですが、着実に広がっていくでしょう。一つ一つの声に応え、人生の拠り所というお寺本来の姿に、現代的なやり方で近づいていきたいと願っています」 

礼拝堂の阿弥陀如来像に向き合うと、頭上に築地本願寺本堂の尖塔が見えるように設計されている
礼拝堂の阿弥陀如来像に向き合うと、頭上に築地本願寺本堂の尖塔が見えるように設計されている

カフェも、人生相談も、築地に行こう!  訪ねてみたくなるお寺へ

 
 

 仏事やお墓、人間関係や生活で気になるあれやこれや……。築地本願寺の「“寺と”プロジェクト」では、誰もが気軽にお寺へ訪ねられるきっかけづくりを進めている。境内には和がコンセプトのカフェや書店などを併設したインフォメーションセンターを開設。交通至便な銀座にも出向いてサテライト・テンプル「築地本願寺GINZA サロン」を設置。僧侶が話をきく「よろず僧談」など世代を問わずに人気を博している。

INFORMATION

築地本願寺合同墓のお問い合わせ 0120-792-018(10:00〜21:00)
築地本願寺ホームページ http://tsukijihongwanji.jp/