昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上さんに聞いてみた。

母として「はれのひ」事件で考えたこと――池上さんに聞いてみた。

2018/01/29

Q レンタル振袖の割引はとても魅力的。どういう業者が危険でしょうか?

 今年の成人式は、「はれのひ」が突如休業して、契約した振袖が届かずに成人式へ出席できない新成人が続出しました。被害に遭った人は「現金払いなら5%引き」などと急かされたようです。数年後に娘の成人式の準備をする予定ですが、レンタルでも高額なので、割引があるのはとても魅力的。どういう場合に「この業者は危険」と判断すべきなのでしょうか?(40代・女性・主婦)

A 「てるみくらぶ」も「現金払い込み」を急かしていた

 心配ですよね。これは、なかなか一般論では語れません。「現金なら割引します」というビジネスは、よくあるからです。

 が、格安旅行代理店の「てるみくらぶ」が破綻する直前、客に「いますぐ現金を払い込んでください」と急かしていたことがありましたね。経営が行き詰まると、手にした現金収入で自転車操業を続けるというのはよくあることです。

©iStock.com

 ですので、以下のような言い方ができるのではないでしょうか。

「現金なら割引」といっても危ないとは言えないが、危ない会社は「早く現金で」と急かすものだと。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム