昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」12・1月号

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/01/30

 もういくつ寝るとお正月 お正月にはキャンプして 妄想巡らせ遊びましょう――。

 2018年、今年もよろしくお願い致します。文春野球のコミッショナー村瀬です。久しぶりのコミッショナーだより。1カ月すっ飛ばしてしまった関係で、まだ言っていなかったことに気がつきましたが、コラムペナントレースは2年目のシーズンもやります! 「文春野球コラムペナントレース2018」。シーズンに向けて各地で絶賛準備中です。

 というわけで、今月のおしながきです。

1、「文春野球2018」今季のレギュレーション発表
2、契約更改 (セントラルリーグ)
3、文春野球ウィンターリーグ
4、今後の文春野球

1、「文春野球2018」今季のレギュレーション発表

「文春野球2018」。昨年のペナントレースの経験と反省を活かし、今年から大幅なリニューアルをすることになりました。

 今季から新たに加わるルールが以下になります。

一、チーム制の導入
二、試合日程の導入

一、チーム制の導入

 これまでは12球団それぞれが1人の書き手でしたが、今年は1チーム2~3名の選手で戦います。そのうち1人が選手兼監督(ライティングマネジャー)となり、各試合に自らを含む誰に書かせるかを指名します。また、昨シーズン後半に導入した「代打」も開幕から自由に起用することができます。

 12球団の監督発表は2月5日に行います。
(現在交渉中の球団もあるため、全員揃わないかもしれませんが)

二、試合日程の導入

 今季から試合はすべて事前に発表される日程表通りに行います。記事は対戦形式でのUPになります(緊急の案件の場合はその限りではありません)。基本的に1日1試合。1チームは週に1度試合が組まれる方向です。

 尚、3月30日の開幕戦だけは12球団すべてが試合を行います。