昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

赤坂 太郎
2018/02/10

安倍三選は磐石か? 「ポスト安倍」石破、野田、岸田の三者三様

参院の「新たなドン」の一手で総裁選の行方は混沌としはじめた

「総理がこれから向き合わなければならないのは飽きとの戦いだ」

 首相・安倍晋三の今後について、最近こんな言葉を発しているのは、自民党前幹事長・谷垣禎一だ。

自転車事故の直前の谷垣禎一幹事長(当時) ©文藝春秋

 1年半前の自転車事故以来、長らく入院生活を送っていた谷垣が昨年末、ひっそりと退院した。東京・桜新町の閑静な住宅街にある2階建ての自宅は車いす生活が続く谷垣のためにリフォームされ、段差をなくし、エレベーターも取り付けられた。昨年10月の衆院選に立候補せず、議員バッジがない一民間人だが、退院を聞きつけてやってくる議員らと、面会を重ねている。

 谷垣が事故を起こしたのは2016年7月16日。SPを引き連れて皇居周辺をサイクリングしていた時のことだった。歩道から車道に降りようとした際に段差の高さを読み誤り、頭から転落。血まみれになった姿にSPは「死んでしまう」と慌てたが、命に別状はなかった。ただ、身体がまったく動かない。すぐにSPにかけた言葉は「信行に電話を」。秘書を務める実弟への伝言を託した。「『幹事長を辞任する』と総理に伝えて欲しい」。

 タカ派の安倍とハト派の谷垣。思想信条がまるで違う総裁を、谷垣は幹事長として、安倍が「なんていい人なんだ」と評するほどに支え続けていた。

 その谷垣が、今年の安倍について冒頭のように懸念を語り、さらには、7年8カ月間宰相の座にあった安倍の大叔父・佐藤栄作に言及して「長期政権ゆえに『ストップ・ザ・サトウ』と言われたが、今の世論も同じような空気になりかねない」とも漏らす。

 世論調査で安倍の続投を望む声は、3年前の7割弱から、今や4割弱にまで減っている。党内も、かつては一切の批判を許さぬ絶対王国の雰囲気が色濃くあった。しかし、昨春以降次々と浮上した森友、加計学園問題で、支持率は大幅に下落し、夏の東京都議選で大敗。昨秋の衆院選では、表面上は14年と変わらぬ大勝を果たしたものの、絶対的一強の雰囲気は既にない。

「もりかけ」に続く、次の矢も喉元まで迫っている。スーパーコンピューター開発会社「ペジーコンピューティング」の助成金詐欺事件だ。財務官僚は「この件はやばい」と副総理兼財務相の麻生太郎の名を挙げる。昨年度の第2次補正予算作成の際、麻生はペジーへの助成に固執し、財務官僚に「早く(予算を)付けろ」と迫ったとの話が永田町や霞が関で囁かれている。

 野党は通常国会で、この問題に加え、リニア中央新幹線をめぐる不正入札事件も追及。リニアは安倍政権の成長戦略の1つと位置づけられ、国債による財政投融資で3兆円が投入済みだ。リニアを発注したJR東海のドン、名誉会長の葛西敬之は安倍と思想信条が近く、ブレーンでもある。昨年だけでも安倍と4度会食した間柄だ。

 スパコンとリニアに関する追及が続けば、安倍やその周辺に刑事事件としては直結せずとも、じわじわと支持率を落とすことは十分あり得る。

「貴乃花は石破さんでしょ」

 だが当の安倍に切迫した雰囲気はない。1月24日夜、赤坂の中国料理店。報道各社のキャップらとの懇談会で安倍は、民進党と希望の党の統一会派結成が白紙になったことを引き合いに出し、「身内の喧嘩が一番盛り上がるんだ。昔の自民党の派閥もそう。去年の下関市長選もそうだったでしょう」と、自らの元秘書が、文科相の林芳正に近い県議らが推す現職を破ったことに言及するなど余裕の表情をみせた。事実、秋の総裁選での安倍三選を、早くも確実視する向きは多い。